今日の宿題

 昨日、「タイ語中級 火曜日19:00」のクラスを見学すると、生徒の皆さんは、[ตั้ง]を使ったいろいろな表現を発音するのに四苦八苦していた。タイ人講師はゆっくりと発音して聞かせるが、いくら聞いても生徒達はできない。
 そこで、もう一度、[ตั้ง]を使った表現を以下に列挙するので、和訳後、発音を数回、繰り返してほしい。
1)ตั้งใจขยันเรียนภาษาไทยตั้งแต่บัดนี้เป็นต้นไป
2)ต้นเดือนธันวาคมปีที่แล้ว ก่อตั้งบริษัทใหม่ในเขตซินจุกุ
3)เขาฝากเงินไว้ที่ธนาคารตั้งร้อยล้านบาท
4)ลูกเขยได้รับการแต่งตั้งเป็นผู้จัดการใหญ่
5)ติดตั้งเครื่องใหม่
6)ตั้งโต๊ะเร็วๆซิคะ
7)ตั้งชื่อว่าสมบูรณ์
8)ตั้งนาฬิกาปลุก
9)จะตั้งต้นอย่างไรก็ต้องมีที่สิ้นสุด

新しい習い事

 昨日、着付け教室へ行った。昨年2月から始めて第20回目であった。センスのいい女性であれば、そんなに習わなくても、あとは自分でパッパと着られるようになるというのに…….。
 ところが、私は一度習い始めるとすぐにはやめない。何もわからないまま、中途半端でやめるのは教師に失礼だ。教える側には蓄積された知識がお有りだからである。
 着付けに関していえば、少しずつわかるようになった。すると、先生はさらに細かな注意をしてくださる。それが有難い。何故ならば、さらなる奥深い色彩世界に入っていくことができ、和の美を覚えるからである。
 昨日、着付けが終わり、レジで稽古代を支払おうとすると、一人の中年女性が不安そうな表情で店主と話をしていた。着付け教室に入会したいらしい。私は心の中で彼女に言った。「お始めになられたほうがいいですよ。時は金なり!」

白川郷ではぐれる

 昨日、公衆電話から電話がかかって来た。新しい見学者かしらと思って電話に出ると、タイ人元講師からであった。
 「今、白川郷にいるんですけど、息子とはぐれました。吉川先生は息子の電話番号を知っているはずですから、私がアウトドア・ミュージアムで待っていると伝えてくださいませんか?」
 そこで、私はすかさず息子さんに電話をかけ、お母さんが待っている場所を教えた。どうやらお母さんのWi-Fiが壊れて使えなくなっていたらしい。
 白川郷と聞くと、昨年10月に行ったので、込み具合は十分に想像できる。普通、迷子は子どもと思っていたが、外国人もはぐれてしまうようだ。
 ラインでの連絡方法は簡単だが、やはり、息子さん(日本に留学中)の携帯番号だけはメモしておいたほうがいいと思う。

情熱

 昨日、泰日文化倶楽部の教室に中国女性が次々にやって来られた。
 1番目の中国女性は「アジア女性のための生け花クラス」に参加されたT女史。この方は私と年齢が近い。だが私よりも10倍もパワフルだ。目下、ロシア舞踊を習っているとのこと。華道講師と一緒に思わず驚いてしまった。
 2番目の中国女性は、「旅の中国語 土曜日14:30」の中文講師である。とても美しい漢字をお書きになる。生徒達も以前にもまして、大いに頑張るようになった。
 3番目の中国女性は、昨日から「タイ語入門 土曜日18:00」に入会されたばかりであるが、帰る方向が同じであったので高田馬場駅のホームで一緒に電車を待っていると、彼女は私に訊いた。
 「30年間も長い間、タイ語塾をやって来られた理由は何ですか?」
 私は数秒後、答えた。「情熱です!」
 すると、彼女はすかさず言った。「情熱を持って生きている人生、すばらしい! 私もそうありたいです」

流しのタイ人と生徒さん

 昨夜、タイへ旅行中の生徒さんからラインで動画が送られて来た。そして、次のような文面が添えられてあった。
 「流しのお兄さん、初めて見ました。サナームパオの駅前のシーフードレストランでした。思わずリクエストしました」
 流しのお兄さんは、40歳半ばに見える。人生の酸いも甘いもわかる年齢に達しているせいか、哀感がこもった歌い方だ。生徒さんは、すかさず、「うまいね」と言う。ただし、それは日本語。
 共感を覚えた生徒さんは、途中から一緒に歌い始めた。それを聞いた彼の音程に私はびっくり。うまい!
 教室では毎回、彼に対して声調の間違いを注意しているが、彼の歌を聞いていると、うまくリズムに乗っているではないか!そして、流しのお兄さんに共感しているから、彼も乗り乗り。
 その乗り乗り感を日本でも発揮してもらいたいと、再度、動画を見ながら思った次第である。

清張さんの優しい教え

 『清張さんと司馬さん 昭和の巨人を語る』(半藤一利 2001年 NHK人間講座)を読み返していると、それはそれは示唆に富んだヒントが盛りだくさん。だから捨てずに長らくしまっておいたのであろう。昨日は、次なる段落に興味を覚えた。
 「清張さんの優しいお人柄については、すべての編集者が口を揃えて言うことでしょう。こんな話を聞いたことがあります。これは女性編集者です。銀座で待ち合わせたとき、なんと、この女性は四十分くらい清張さんを待たせたらしい。″ごめんなさーい″と甘えて言ったら、無言のまま、清張さんはさっさと勘定を払って店を出ると、件(くだん)の女性を和光へ連れていった。そして時計を買って与えたというんですね。そして、″編集者は時間を守らなきゃいけない″と、ただ一言。いらい、その女性編集者は時間には決して遅れないようになったとか。厳しくも、また優しい教えなんですね。清張さんは、失礼ながら、あの風貌からは想像できないかもしれませんが、それくらい優しい人なのです」
 携帯が無かった頃の話とはいえ、いろいろと考えさせられる。

痔瘻

 どこのテレビ局も健康に関する番組が多い。個人差が有るからどこまで信じていいのかわからないが、年をとるにつけ、以前よりも真面目に見るようになった。
 先日、NHKのEテレで「痔ろう」を取り上げていた。わかりやすいCGで患部の切除の仕方が説明されると、なるほどと見入ってしまった。
 しかしながら、私には別の関心が有った。「痔瘻」と書かず、何故、「痔ろう」と書くのであろうか? それは、「痔瘻」の「瘻」の字が画数が多すぎて、難しすぎるから。「憂鬱」を「憂うつ」と書くのと同じなのであろう。そう、思っている。
 今日のタイトルは「痔瘻」であるが、痔(ริดสีดวงทวาร)の話をしたいわけではない。あくまでも画数の多い漢字はやっかいだと言いたいのである。
 今日から数えて38日後に新しい元号が発表される。公的書類にはあくまでも元号がつらぬかれるので、願わくば画数の少ない漢字の組み合わせにしてもらいたい。「平成」の元号が発表された時、ピンと来なかったが、30年間も書き続けてくると、「平成」という漢字は、書くのにはまあラクなほうであったと思う。

英語をタイ語に訳しなさい

 昨日、パンを買ったら、ビニール袋にすばらしい英語が書いてあった。英語とタイ語の双方の同時勉強を兼ねて、英語からタイ語に訳してみてはどうだろうか。
 英会話学校の授業料はものすごく高い。日常生活の中で英語を毛嫌いせずに、英文の構造に接していれば、英語の力も少しずつつくはず。 
 英語とタイ語における文の構造はほぼ同じ。そういった意味では、タイ人の英作文能力のほうが、日本人よりもすぐれていると私は思う。
Thousand Dreams In Our Oven
Antendo’s top quality ingrediants and splendid recipes produce distinctive breads to grace your table. Our baking goal is to make your meals balanced, relaxing and joyful. Focused on your health, we bake for your future.

夏目漱石の英語教師像

 『随筆 一隅の記』(野上弥生子著 新潮社 昭和43年)の中に、「夏目先生の思い出」という章がある。野上女史は懇意にしていた田辺元氏(哲学者)が一高時代に漱石から英語を教わったことを知り、漱石先生に対する印象を尋ねたくだりを次のように紹介している。
 [学力はすばらしいと思った。けれども、非常に冷淡で、生徒に対しても親身でなかった。つまり、ほんとうに身を入れて教えてくれるという熱意がなくて、ぼくはいやでした。嫌いな教師でした]
 野上女史は御主人である野上氏を通じて、<漱石山房>のことをよく知っていたし、直接、漱石に会ったことも5~6回有るそうだ。田辺氏の漱石先生に対する率直な感想を聞いて、彼女なりにそれを肯定的に受け止めている。
 語学は人に教わるのは20%程度に抑え、あとは自分で勉強するものだ。教師云々ではない。よく出来る学生はすぐに教師を追い越すことができる。
 私も大学で教えていた時、次なる経験が有る。1クラス40名の生徒がいた場合、ものすごく出来る学生もいれば、20点に近い学生もいた。そこで、平均値をとって、わかりやすい授業を心掛けた。ところが、一人の学生に言われた。「手を抜いている」、と。そんなつもりは全くなかったが、こちらの真意は曲解されるものだと、その時、つくづく思った。