口(ปาก)に関するタイ語

 授業風景を見ていつも気になることがある。それは、生徒達の口の開け方が足りないことだ。もっと口を開ければ力強い発音になるわけだから、意識して口を開けるようにしてもらいたい。
 今日の出題は、「口(ปาก)」に関係するタイ語を列挙するので、和訳しなさい。
 1.ปากกา 2.ปากน้ำ  3.ปากคลอง  4.ปากซอย  5.ปากแผล  6.ปากคำ 7.ปากเปล่า 8.ปากเบา 9.ปากหนัก  10.ปากหมา   11.ริมฝีปาก 12.ปากล่าง 13.ปากมาก 14.ปากเปื่อย 15.ปากหวาน 16.อ้าปาก 17.ปิดปาก  18.ถูกปาก 19.ทาปาก 20.ติดปาก
 最後に、次の格言をどうぞ。 ปากเป็นไฟ ใจเป็นน้ำ

骨密度の低下

 数日前、都の健康診断(無料)へ行った。「胸部撮影も心電図も過去のデータと全く同じですね」と医者から太鼓判を押され一安心。だが、骨密度検査(有料)で引っかかった。
 「骨密度が前年より落ちてますよ」と、医者。「昨年、骨折して33日、入院していました」と私。
 「33日も寝ていたのではだめだ。どうりで数値が下がったわけだ」と、医者からはっきり言われた。
 帰る道すがら、私は考えた。一度落ちたものはなかなか上がらない…….。それよりも下がる一方だ。浜松出身の生徒さんがいつも「鰻の骨」をおみやげにくださるのに、申し訳ない。
 昨日、20数年前の生徒さんから電話が有った。「もう一度、タイ語をやり直したいのですが」
 私は率直に言った。「相当、タイ語がさびついていることでしょうね。やめたらおしまい。復帰はとても嬉しいです。せめてオリンピックまで、コツコツと勉強してくださいね」

すべての味(สรรพรส)vs  パイナップル(สับปะรด)

 先週、生徒さんから、「パイナップルではない(ไม่เป็นสับปะรดเลย)という表現、ご存知ですか? 不味いという意味だそうですが….」と訊かれた。私は「知りません」と答えた。すぐに辞書で調べると、載っていた。ただし、注意書きがかかれてあった。
「สรรพรส(サッパロット=すべての味)を、สับปะรด(サッパロット=パイナップル)に置き換えて使う人がいますが、本当は間違いです」
 そこで、パック先生に尋ねてみた。「先生はไม่เป็นสับปะรดเลย という表現を使いますか?」
 最初、怪訝そうな顔をした。そして、答えた。「僕は一度も使ったことがありません」 
 それを聞いて、彼が育った家庭環境では使わない表現であることがわかった。
 このような事例は日本語でも見られる。商人の間で「勉強しますよ」と言えば、「まけときますよ」という意味だが、公務員の家で育った人にはわからない。言葉は育った環境によって左右される。

自家製の味噌

 「タイ語入門 木曜日11:00」は今年の4月から開講したクラス。丁度、半年が経過した。生徒は入れ替わっているが、現在、2名の女性が勉強しておられる。
 話題がひょんなことで味噌の話になった時、彼女達はご自分で味噌をつくっておられると言った。私が興味を示すと、お二人とも自家製の味噌を、翌週、私に持って来てくださった。
 A子さんが「酸っぱいと思いますが….」と言った彼女の味噌はそれほど酸っぱくはなく、非常に個性的な味がした。反対に、スーパーで売っている味噌がいかに甘目であるかがよくわかった。
 B子さんは、「去年つくった味噌と今年の味噌の両方をお持ちいたしました。色がかなり違います」と言った。
 今年の味噌は色が明るく塩分もきつかった。しかし、去年の味噌は深みを増し、いい塩梅になっていた。
 ひるがえってタイ語の勉強に関して言えば、生徒達はご自分の上達度があまりわかっていない。しかし、教師にはわかる。年を重ねるごとにタイ語の深みが増すよう、自助努力を続けてほしい。

10年ぶりに咲いた赤い花

 昨日、ボン先生から曼殊沙華の写真が送信されて来た。
 「ที่สวน Manjuchake เมือง Hidaka ค่ะ เมื่อวานนี้ไปเที่ยวสวนนี้มาค่ะ ภาษาไทยเรียกดอกนี้ว่า พลับพลึงแดง」
 「In Japanese, Manjushage 曼殊沙華」と私は返事した。
 「คันจิ ยากจังค่ะ ฮิกังบานะด้วยหรือเปล่าคะ」とボン先生。
 「彼岸花 Higanbana ก็ OK」と私。
 それにしても、カメラもいいし、アングルもいいから、見事な写真であった。
 それから1時間後、今度はバンコク在住の元講師から、それはそれは大ぶりの真っ赤な花の写真が送信されて来た。
 「ดอกพวงโกเมนที่บ้านออกดอกบานสะพรั่งปลูกมาเกือบ10ปีเพิ่งจะออกดอกค่ะ」
 真っ赤なバナナを30本くらいぶら下げたようなタイの情熱的な花だ。繊細な線で赤いお椀のように整っている彼岸花と、全く対照的であった。

瀬戸内海に魅了されたタイ人講師

 タイ語上級を担当しているイー先生が、9月中旬に香川県と岡山県へ旅行に行かれた。出かける前に、「吉川先生の故郷へ行きますが、何が有りますか?」と訊かれたので、「何もありません。うどんだけね」と、私は素っ気なく答えた。
 先日、イー先生からお土産を頂いたので、旅行の感想を尋ねると、彼女は興奮気味に答えた。
 「瀬戸内海があんなにきれいだとは思ってもみなかった。すばらしい!」 
 旅行前に見せた気乗りがしない表情とはうって変わっていた。彼女はもう30年近く日本に住んでいるが、国内はあまり旅行しておられない様子だ。金比羅も栗林公園も行かず、小豆島と直島へ行かれたらしい。そして、倉敷へ。
 聞くところによると、最近、瀬戸内海のクルーズが流行っているとのこと。タイ人達も参加しているようだが、イー先生の感激した顔を見ると、<瀬戸内海って、外国人に魅力的なんだ!>、とあらためて思った。

台北でタイ料理

 日曜日の午前中に個人レッスンを受講しておられるY子さんが、昨日、台湾のお菓子を持って教室に現れた。そして、9月中旬に行った台北旅行について、興奮気味に話してくださった。
 彼女は過去2回、ツアーで台北へ行ったことがあるが、人まかせの旅行だったのでほとんど覚えていないとのこと。したがって、今回の一人旅は深夜に着いたせいもあって、びくびくものだったそうだ。
 「中国語がわからないので、空港から市内までタクシーに乗っている時も怖かったです。屋台で買う時も、困りました。語学の大切さを痛感しました」
 そこまでなら彼女の困惑ぶりが十分に想像できた。ところが、なんと次なる話のおまけが有った。
 「街を歩いていると、タイ語が聞こえて来たので、タイ人達にタイ語で話しかけました。すると、これからタイ料理を食べに行くので一緒に行こうと誘われ、それからはタイ語の世界へ。台北でイサーン料理を食べたのが一番の思い出になりました」

仏暦2511年~2512年

 昨日、「タイ語中級 土曜日12:15」のクラスを代講した。生徒は古株の男性2名。彼らは途中退会は有るものの、復帰して来られて早くも8年近くになる。
 授業の冒頭、<西暦2018年9月22日土曜日>をタイ語で書かせた。タイ語が正しく書けるかをまずチェックするためである。ついでに仏暦も書かせた。
 私の場合、仏暦2559年(ラーマ9世崩御の年)でストップしたままなので、今年の仏暦がすぐに出て来ない。西暦に543年を足せばいいのは分かっているが、計算がめんどうだ。すると、幼なじみの生徒達はすかさず答えた。
 「今年は2561年です。僕達は50歳。僕達が生まれた年は2511年なので、50年を足すと2561年になります」
 それを聞いて、私は言った。「私は2512年にタイ大使館に勤めました。2512という数字は忘れることができません。毎日、2512を書類にタイプしていましたから」

トルネードという毛糸

 今月から新しい毛糸を買ってベストを編み始めている。ものすごく太い糸なので8ミリ棒を使用している。この毛糸を選んだ理由は、第一に編物講師が勧めてくださったこと、そして、第二に色がきれいであったことだ。深海を思わせる緑や青のグラデーションの色合いが魅力的!
 ところがである。毛糸の名前を知って驚いた。それは、「リッチモア トルネード」。トルネードとは竜巻だから、急に怖くなった。果たして仕上がりやいかに…….。
 イタリア製の毛糸だが、英語で次なる説明が書かれてあった。
 ”The Effect of the Gradation is Beautiful. Felty Wool Loving yarn. It’s Voluminous!! It’s Comfortable!!”

短母音 vs 長母音 (2)

昨日に引き続き、短母音と長母音の単語の意味を書きなさい。語彙力のチェックも兼ねている。
1)ไก่ / กาย  2)กำ / กาม  3)คับ / คาบ  4)คุณ / คูณ  5)ดำ / ด้าม  6)ตำ / ตาม  7)มัก / มาก  8)ยักษ์ / ยาก  9)มัก / มาก  10)นั่น / นาน
あと10問。さあ、頭を動かそう。
 11)ไร้ / ราย  12)ไล่ / ลาย  13)ไห / หาย  14)ไอ / อาย  15)ไฟ / ฝ่าย 16)ไหม / หมาย  17)ไส / สาย  18)ดัน / ด้าน  19)ลบ / โลภ  20)หัน / หาร
 まだまだいくらでも出題できそうだが、やめておく。要は、短母音と長母音の母音の長さを早く習得することが必定だ。先日、バンコクに遊びに行った生徒さんから、「タイ人とクーイしています」というラインが来た。私はすかさず、「クーイではなくて、クイ(คุย)ですよ」と直してあげた。