独学少女

 昨晩、ピカピカ先生が彼女の親友(中学の同級生)を教室に連れて来られた。昨日の朝、成田に着いたばかりだそうだ。来日は3回目。23歳。仕事は個人で日本の漫画やアニメを翻訳しているとのこと。日本語以外にも、韓国語と英語の翻訳も手掛けているとか。
 「日本語はいつから勉強し始めたの?」と、質問してみた。
 「9歳からです」と、彼女。
 「大学は?」
 「行っていません。独学です」、と、彼女は力強く答えた。
 それを聞いて、私は驚いた。日本語、韓国語、英語、すべて独学とは!
 彼女の向学心たるや、若さ故のこと? 彼女の生きる勢いに感服した。

板前という単語

 先日、タイ料理店のコックさんと話をする機会が有った。タイの一流ホテルでシェフをしていたとのことで、ものすごく腕がいいと周囲の人達は親指を立てる。
 コック(กุ๊ก)という単語は、英語だが、タイ語では、男性の場合、พ่อครัว(ポー・クルア=台所のお父さん)、女性の場合は、แม่ครัว(メー・クルア=台所のお母さん)という。
料理長になると、フランス語のシェフを使うようだ。
 ところが、私が話したコックさんは、コックになる前には、หน้าเขียง(ナー・キアング)をしていたという。私はこの言葉を知らなかった。どんな仕事をするのかと尋ねたら、シェフが料理を作るのを手伝う仕事だと説明された。よくよく考えたら、「หน้า(前)+ เขียง(まな板)=まな板の前」は、板前のことだ。
 彼はリゾート地のホテルでもシェフをしていたそうだが、ナー・ハイ(ハイ・シーズン)と、ナー・ロー(ロー・シーズン)が有ったと語った。この場合の「ナー」は、季節を表す。「ナー」は同音異義語でたくさんの意味を有するから、場面をとらえながら覚えていかなくてはならない。

手塚治虫が愛した喫茶店「つかさ」

  高田馬場3丁目に有った喫茶店「つかさ」が9月14日をもって閉店した。この店は手塚治虫が愛した店で、そのビルの上には、手塚プロの事務所が有ったところである。
 5月からシャッターが下ろされたままになっていたが、ついに閉店を知らせる貼り紙が出た。
 内容は昭和39年(1964年)から51年間に亘り営業してまいりましたが、父(創業者)が亡くなりましたので、よくよく考えた末、この際、閉店することに相成りました、というものであった。
 多くの老人達に愛されていた店がまたひとつ消えた。
 高田馬場駅前(早稲田口)の山手線ガード下には、鉄腕アトムの壁画が有る。今朝、NHKを見ていると、ノーベル物理学賞に輝く梶田隆章教授のご両親がインタビューで答えておられた。「息子はアトムよりも博士に関心を懐いていました」
 今日、高田馬場へ行ったら、壁画をじっくりと見てみよう。

心電図

 昨日、区の無料健康診断に行った。胸部検査OK。心電図の検査は無料ではなかったが、医師の勧めに従い受診。
 毎年行っている医院なので、医師は私のことをよく覚えてくださっている。コンピューターの画面上にここ3年間の私の心電図を重ね合わせながら、「まったく同じですね」とおっしゃられた。私はそれを聞いて一安心した。
 その後、私は思った。語学力の計測や、いかに。もし、私が医師の如く、生徒の学力を測るとするならば、3年間の学力が同じであってはならない。少しずつでも曲線が上向きになり、より向上してもらわないと…..。
 いや、まてよ、1週間に1回、教室に来て、わずか90分の授業を受けるだけであれば、目をみはるような向上は無理、無理。語彙力、会話力が急上昇することはありえない。むしろ、後退、減退させないように、生徒の学力を把握するのが我が務めなり。
 
 

邦楽合奏団「まどか」の定期演奏会

 昨日、邦楽合奏団「まどか」の第24回定期演奏会を聴きに行った。常任指揮者をしておられるS氏(泰日文化倶楽部の元生徒)から招待状を頂戴したからである。
 この「まどか」は、1988年に産声を上げたそうだから、泰日文化倶楽部と同い年だ。
 演奏された曲目の中に「尺八二重奏曲 遍路」という曲が有ったが、プログラムに書かれてあった作曲者(杵屋正邦)の解説の文章がすばらしいので、以下に一部を引用させていただく。
 「四国路をめぐるお遍路さんは、八十八ヶ所の霊場一巡によって一応その願望は成就されます。音楽の路には辿りつく果てもなく、然も複雑多岐、ともすればその進むべき方向すら見失いがちであります。時に一条の光明道と喜悦して生ける証しの歩を刻まんとするや、たちまち変じて深奥無限の暗黒路と化し、為すに術なく茫然と佇む。楽道とはしかく険阻峻厳なるものと覚えました」 

伝統を守るセンダ―おばさん

 「タイ語上級 日曜日13:00」のクラスでは、30年前に編まれた小学校4年生の国語教科書を読んでいる。最近読んだ「美しい竹の家 บ้านไผ่สวยงาม」の話はとても示唆に富んでおり、感銘を覚えた。
 あらすじはこうである。とある小村に生まれた少女センダーは幼くして、町に住む伯父さんの家にもらわれていった。しかし、彼女はしばらくして郷里に舞い戻って来た。そして、おばあさんとお母さんから直接、織物の教えを乞うた。綿花を植え、糸を紡ぎ、機織りをし、草木で染める方法をである。
 少女センダーは成人後も村にとどまり、次から次に固有の模様を考案し、美しい布を仕上げていった。それは誰にも追随を許さぬ見事な腕前であった。
 それを聞きつけた日本人がやって来て、ぜひともこの模様を織ってほしいと頼んだ。ところがセンダーおばさんは、「自分は自分で考案した模様しか織りたくない」と言って、日本人の要望を一蹴した。そして、タイ固有の伝統を守り、継承するために生涯を捧げた。
 30年前と言えば、日系企業がタイに進出した第二次ブームの時期に相当する。エコノミック・アニマルと呼ばれた日本人を、賢明なるタイ女性は受け入れなかった。

トイレ修理のおじさん

 一昨日、707号教室のトイレが故障した。トイレ修理のおじさんに電話をすると、昨日の午後、やって来てくださった。このおじさんは飄々として優しい方である。
 教室に現れるや否や、「10年前でしたかね」とおっしゃったので、「そんなことありません。5年前でしょう」と、私。いずれにせよ、歳月が経つのは早い。
 「この型の部品、果たしてあるかなあ?」と言われて、ドッキリ。31年前の便器だから、部品調達が心配になってきた。おじさんがどこかから探して来ることを祈るのみである。
 ついでに、806号教室のトイレも診てもらった。何故ならば、チョロチョロと水が流れっぱなしであるからだ。
 おじさんはタンクのふたをあけてから、わたしに訊いた。「カビ取りか、漂白剤、ありますか?」 
 カビ取りをシュウシュウ吹き付け、歯ブラシでこすると、タンクがきれいになった。
 「ちょっとしたカビが、いたずらをするんですよ」、とおじさん。
 都内のマンションのトイレを直しているおじさんは、まるで天職を得たかのごとく、毎日、飛び回っておられる。

算盤(そろばん)

 今週から始まったNHKの朝の連続ドラマ「あさが来た」を見ているが、数々の場面に登場する小道具として、算盤(そろばん)が出てくる。幼い主人公が、「ぱちぱちはん」と呼んでいるのは、なんとも可愛い。
 算盤は、タイ語で「ลูกคิด ルーク・キット」。ลูก(ルーク)は、子供という意味ではなくて、ここでは、丸い玉という意味だ。คิด(キット)は、考えるという意味ではなくて、計算するという意味だ。したがって、「計算する丸い玉」=算盤。
 電子計算機が世に登場した時、驚いた。そして、卓上計算機(เครื่องคิดเลข 機械+計算する+数字)が市販されるようになってからは、算盤とさよなら。
 しかし、小学校で算盤の授業を受けた時の手の感触はいまだに覚えている。人間、手の感触は大切にしたいものである。それには、機械よりも、道具に親しもう!

泰日文化倶楽部 満27周年

 1988年(昭和63年)10月からスタートしました泰日文化倶楽部は、満27周年を迎えました。
 今日から28年目に入ります!
 この27年間で、日本とタイの経済的、文化的距離はものすごく接近しました。特にバンコクの変遷たるや、そのスピードの速いこと、速いこと。
 タイ語を勉強する日本人も増えました。都内にもたくさんのタイ語教室が随所に……。
 泰日文化倶楽部は高田馬場で頑張っていますが、その高田馬場も雰囲気がますますアジア化しております。すれ違う人は、中国人、韓国人、タイ人、ミャンマー人、インド人、バングラデシュ人、等々。
 何故ならば、泰日文化倶楽部の隣りのビルの早稲田予備校13時ホールの中に日本語学校があるからです。すぐ近くにある食堂の食券販売機のソフトにも、タイ語が導入されています。もうびっくり。
 泰日文化倶楽部はこれからもタイ語を愛する人々を歓迎してやみません。