尾道在住の元生徒さん

 尾道市の向島に住んでいる元生徒M子さんより、久々にメールが来た。内容は、「愛媛県の岩城島にある造船工場でタイ語通訳をすることになったので、タイ語を復習し始めたが、勉強の仕方について、何か助言をください」、というものであった。
 そこで、私は『タイ語入門』(吉川敬子監修・佐々木浩士著 実業之日本社刊 2012年)を紹介した。これにはタイ人を雇用する際の表現がたくさん盛り込まれているからである。
 すると、M子さんからまたメールが来た。早速、購入し、勉強し始めたようである。
 とにかく、M子さんは学生時代から才媛であった。そして、行動力が抜群であった。2007年のプーケットの津波の時には、私がスポンサーになって、彼女に取材に行かせると、立派なレポートを見事に作り上げた。尾道に住んでもう3年が過ぎたが、彼女は田舎でじっとしている女性ではない。瀬戸内海に住んでも、2県(広島県と愛媛県)にまたがり、大いに活躍している。まるで昔、瀬戸内海に住んでいた人達が咸臨丸でアメリカを目指したかの如く。