【最新情報】
1.新規募集「タイ語入門」
「タイ語入門 土曜日10:30」 7月9日開講予定
2.個人レッスンは随時、受け付けております。
なお、無料体験はございません。

【電    話】 03-3980-0292
【お急ぎの方は】090-3141-4860
またはお問い合わせフォームからお願いします。
1782年、ラーマ一世がバンコクに遷都。豪華絢爛な王宮と王室専用の寺院ワット・プラケオを建立。寺院の本堂にエメラルド仏が安置されていることから、エメラルド寺院とも呼ばれています。

ご 挨 拶
日本とタイの関係は600年にわたる長い交流の歴史があります。
江戸時代の朱印船貿易や山田長政の活躍でも知られるように、交易の歴史は他のアジア諸国と比べとびきり長くなっています。近年は日本企業のタイ進出が活発化するとともに、貿易取引も拡大し、タイにとって日本は最重要の貿易相手国となってきています。
人的交流も活発で、毎年日本からタイを訪れる人は多く、海外からタイを訪れる旅行客の中でも日本人が上位となっています。またタイ王室と日本の皇室は深い信頼関係のもと、互いに双方の国を訪問し合って来ました。
2017年には日タイ修好130周年を迎えました。今後も日本とタイは経済、文化、観光、スポーツなどを通してますます活発になるものと思われます。
「泰日文化倶楽部」は日本とタイとの文化交流に役立つタイ語学校として1988年に創立しました。
33年にわたる信頼と実績があります。これまでに1300人以上が「泰日文化倶楽部」でタイ語を学んでいます。
入門から上級まで全てのレベルに対応できるようになっております。これからタイ語を学ぶ人も、タイ語をスキルアップしたい方にも最適です。
多くの人にタイ語の魅力を伝えたく、泰日文化倶楽部はさらに頑張りたいと思います。
日本とタイとの友好をつなぐ架け橋となれるようにと……


主宰者のプロフィール
吉川 敬子(よしかわ けいこ)
●履 歴
東京女子大学英米文学科卒
東京外国語大学大学院(タイ語学専攻)修了
駐日タイ王国大使館勤務
(社団法人)日本タイ文化協会でタイ語を教える
朝日カルチャー・ センター タイ語講師
上智大学 タイ語非常勤講師
●現 在
アジア・アフリカ語学院 タイ語講師
●著 書
「タイ語会話」(非売品)
「タイ語の文字と発音」(非売品)
●翻 訳
「王朝四代記」(全5巻)
第20回日本翻訳文化大賞受賞
吉川先生ブログ
最新記事6点を表示しています。
日付またはタイトルクリックで
詳細ページをご覧いただけます。

2002年5月から私が愛する「タイ」に関する日記を毎日綴ってきましたが、サーバーの移転に伴い古い記事が消去されてしまいました。
当サイトでは2011年1月からの記事を新しい順に6点掲載しております。

過去の記事は
「Yoshikawa Blog」
ご覧いただけます。

  • 2022年 7月 4日
     都電荒川線(さくらトラム)の始発駅でもあり終点でもある早稲田駅のすぐ近くに古びた乾物屋がある。初めて入ったその店の中は日本全国からの乾物で........【続きを読む】


  • 2022年 7月 3日
     『衣食足りて、住にかまける』(島田雅彦 光文社 2004年)から出題する。 1.暮らしの中に川は必要だけれども、グリーンも必要なのだ。 2.........【続きを読む】


  • 2022年 7月 2日
     元タイ人講師からすばらしい英文が送信されて来た。それには人生を達観した老婦人の写真が添えられてあった。出典が書かれていないが、孫引きさせて........【続きを読む】


  • 2022年 7月 1日
     高田馬場には中国人やミャンマー人がたくさん住んでいるから物産展が多いのは当然だ。そして、雑居ビルに入っているミャンマー人の店屋で金(24K........【続きを読む】


  • 2022年 6月 30日
     『กระต่ายสามพี่น้อง』の第2回目である。童話に出て来るタイ語の動詞を見直し、そして確実に習得しよう。 1.ขนฟูออกไปหากิ่งไม้ ขาวนวลตามไปด้วย........【続きを読む】


  • 2022年 6月 29日
     福島駅前に在る大衆酒場に行った。一人なのでカウンターに案内された。そのカウンターには紙と鉛筆が用意されており、名前、電話番号、日にち、そし........【続きを読む】