今日の宿題

 「県シリーズ」のタイ語作文は、今日が最終回である。
(1)佐賀市の神社でタイの映画が撮影されたことがあるので、現在でもタイの若者がたくさん訪れている。
(2)長崎県の五島列島には小さな教会がたくさんあり、世界遺産に認定されている。
(3)熊本県の阿蘇山は数年に一度、噴火している。
(4)大分市は「一村一品」の運動を提唱したところである。その運動は、タイの地方で根付いている。
(5)宮崎県の「太陽のタマゴ」というマンゴーは値段が高すぎてとても買えない。1個1500円なら買える。
(6)鹿児島県のさつまあげは、タイの「ทอดมันปลา」と非常に似ている。沖縄中継貿易の影響が濃厚だ。
(7)沖縄の人は長生きだ。秘訣は気候と食事だと思われる。牛肉よりも豚肉が体にはいいらしい。

清流無間断

 一昨日、茶室には「清流無間断」という軸が掲げられていた。滝が流れるが如く書かれた文字は、生徒達にはとても読めなかった。
 はてさて、この意味を何と解すか?
 調べてみると、茶席の禅語選の一つであることがわかった。元来は、「清流無間断 碧樹不曾凋」というように対句で詠ずるようである。その意味(禅語字彙)は、「清流」=清らかな流れ、「間断」=切れ目、「碧樹」=常緑樹であることから、「活動するものは常に新鮮なりの意。不断の努力修行をいふ」とのこと。
 元々は、釈尊が菩提樹の下で悟りを開かれて以来、その御教えが今日まで脈々と伝わって来ていることを意味するそうだ。そして、人間の命が脈々と伝わっていることにまで拡大解釈ができるとのこと。
 いろいろな事件が相も変わらず多い。我々人間は濁流の中を流されている気がしてならない。濁流を清流に変えるにはどうすべきか…..。

全米女子オープンで活躍したアジア女性

 第74回全米女子オープンゴルフ2019は韓国のイ・ジョンウン6さんが優勝し、賞金100万ドルを手にした。第2位タイにも韓国女性が入った。
 日本人にとって、樋口久子さんの優勝(1977年)から74年ぶりの優勝を期待された比嘉真美子さんは残念ながら5位タイ。
 同じく5位タイで終わったセリーヌ・ブティエさんはフランス国籍だが、テレビの解説を聞いていると、セリーヌさんは両親がタイ人であると言っていた。それを聞いたとたん、俄然、彼女を応援したくなった。最終組で中国人選手とまわり、最後の最後まで優勝戦線にからみ、誇らしく思った。
 いずれにせよ、今年の全米女子オープンゴルフを見ながら、アジアの女性達が大勢、大活躍をしているのを見て、今後も楽しみになった。
 

世界新城アライアンス加盟都市

 昨日、愛知県新城市のホームページを見ていると、1998年に市制40周年を記念して、「世界新城サミット」というイベントが開催されたが、2008年の第6回大会でやめたという内容が目にとまった。しかし、「世界新城アライアンス加盟都市」という連合は今でも有り、イギリスが中心となって存続しているようである。
 そこで、どういう都市が参加しているのかを見ると、アメリカのニューキャッスル(ペンシルべニア州、インディアナ州)、南アフリカ共和国のニューカッスル、イギリスのニューカッスル・アポン・タイム、及び、ニューカッスル・アンダー・ライム、スイスのヌーシャテル、ドイツのノイブルク・アン・デア・ドナウ、フランスのヌフシャトー、チェコのノヴェフラディ、ラトビア共和国のヤンピルス、グルジア共和国のアヘルツィへ、スロバキア共和国のノヴェザムキー、そして、デンマークのナイボルグ。
 アジアでは、新城市のほかに、マレーシアのコタバルが加盟している。
 だが、チェンマイを忘れてくれては困る。チェンマイも「新城」である。

冷房除けのスカーフ

 今日から6月。令和になって一ヶ月が過ぎた。書類に「令和元年」と書くことにも慣れてきた。
 昨日、九州南部が梅雨入りしたという報道があった。教室は先月中旬以降、冷房をつけているが、そのため、冷房除けのスカーフをしている女性が増えてきた。皆さん、美しいスカーフをお持ちで、教室が華やいでとてもいい。
 一昨日、車に1時間も乗っていたら、最後には体に震えを覚えた。スカーフの必要性を覚えた私は翌日からジムトンプソン(インド製)のものをしのばせた。これで一安心。
 ところで、昨日、帰宅すると、友人から藍染めのロング・スカーフが送られて来ていた。「著名なクリエーターの為に本藍染めの布を制作する日本を代表する藍染め作家 原田弘子先生」の作品であった。
 はたして上手に巻けるか自信がないが、うっとおしい梅雨の間、紺碧の空と海を想像しながら、タイ語の指導にあたろう。

老化防止の発声訓練

 昨晩、NHKの「所さん大変ですよ」を興味深く見た。まず最初、「日本語から、いの発音が消えていく」というテーマで、「令和」の発音を、「れいわ」ではなくて、「れーわ」、「れえわ」、「れぇわ」、等の発音をする人が多いと言ったが、何も「令和」に始まったことではない。「平成」も、「へいせい」ではなくて、「へーせー」と発音していたと思う。
 専門家の説明によると、日本人は猫背が多く、ましてやスマホばかり見ているから、その傾向が強くなる一方。すると、あごの下の筋肉が下がり、「いー」という発音がしにくくなり、「えー」となっていくとのこと。
 会社員でこれまで大きく口を開いて発音しなかった人が、「いー」という母音を意識的に発音するように訓練を受けると、表情がものすごく明るくなった。ほかにも、50代~60代の女性達がアンチエイジングのための発声教室で訓練している映像が流れた。皆さん、声も顔も若々しく見えた。
 しかし、こんなこと、タイ語を習えば一挙両得で解消できる。「微笑みの国」と言われているタイ。タイ語には、「サワッディー」、「サバーイディー」、「アロイディー」と、「ディー」だらけ。「イー」の発音はお手の物だ。

รุ่งเรือง というタイ語

 「รุ่งเรือง」というタイ語の意味を、『タイ日辞典』(冨田竹二郎編纂)で調べると、6つの意味が書かれていた。
  1)明かるい   2)明かるく美しい   3)輝かしい  
  4)繁栄せる   5)盛んな       6)壮麗な
 これだけ書かれると、どの意味を採択していいのか迷ってしまう。要は文脈で考えるしかない。
 だが、よくよく考えてみると、面白い発想であることよ。何故ならば、明るければ、もの皆、美しく感じられる。そして、じっと見ていると、輝きを発見する。
 商売に譬えるならば、店先が明るい空気に満ち溢れていれば、客がたくさん入って来る。そして、売上げが上がれば、店主も店員も笑顔になり、商売繁盛で笑いがとまらない。お金が貯まれば、壮麗なるビルを新築することができる。
 タイ人は、この「รุ่งเรือง ルンルアン」という単語が好きだ。そして、さらに「ร่ำรวย ラムルアイ 裕福な」をつけると、意味も倍増されて、とても幸せな気分になれる。「รุ่งเรือน ร่ำรวย」を何度も発音し、[ร เรือ]の発音練習もやってみよう。

今日の宿題

 「県シリーズ」として、今日は以下の県を取り上げる。タイ語に訳してください。
(1)島根県の出雲大社にお参りしたことがあるが、いまだに結婚の縁に恵まれない。
(2)岡山県で買った備前焼のコーヒーカップを愛用している。
(3)広島市の原爆記念館がリニューアルされたそうだ。
(4)山口県の岩国には米軍基地が有る。
(5)香川県の直島は、瀬戸内アート展で、世界でもよく知られている。
(6)徳島県の藍染は昔から有名である。
(7)高知県は男女ともに酒豪である。
(8)愛媛県の石鎚山は西日本で一番高い山である。
(9)福岡市は「福岡アジア文化賞」を設けており、アジアへの関心が非常に高い。

池坊展いけばな大作戦!

 茶道仲間から招待券を頂いたので、昨日、日本橋三越で開催中の「池坊展いけばな大作戦!」へ行った。美しく生けられた夏の花々からたくさんの涼をもらい、清々しい思いがした。
 会場を進んで行くと、「葛飾北斎コーナー」というところが有り、あの北斎の大波にヒントを得た青いオブジェが現代風に飾られていた。花ではなくてプラスチックからなるオブジェだが、アイディアが面白かった。
 私が所属している小原流の花展にはよく行くが、他流の花展も行ってみるものだ。なかでも驚いたのは、関東圏内にある小学校、中学校、高校、大学のサークルで生け花を習っている学生達の作品がたくさん展示してあったこと。若い世代が学ぶということは、将来の生け花が安泰であるということの証しである。
 聞くところによると、「池坊ボーイズ」という言葉があり、たくさんの男の子が生け花を習っているそうだ。それにひきかえ、「タイ語ボーイズ」はあまりにも年をとりすぎていることよ。

อู่ (ウー)というタイ語

 อู่(ウー)というタイ語は、辞書を引くと、ゆりかご、発生源、船のドック、船を収納する場所、自動車の修理工場、ガレージ、といった意味が出てくる。
 私の場合、「車の修理をするところ」という意味で、これまで使うことが多かった。しかし、最近、通訳をしていると、違った意味で使われていることに遭遇。すなわち、「カー・シェアリングの場所」という意味で、タイ人は使っていた。なかなかに最新的な言い方である。言葉は時代とともに派生していく…..。
 車を解体することを、その業界に属しているタイ人は「ตัดรถ 車を切る」という。「解体する รื้อ ルー」という単語を使わず、「切る」という具体的な単語を使うところが面白い。