釧路から転勤通知

 昨日、泰日文化倶楽部の元生徒であるT氏から一枚の葉書が届いた。てっきり暑中見舞いの葉書だと思った。だが、よく見ると転勤通知であった。
 時事通信社勤務のT氏。釧路支局へ転勤とは! 「初めての北海道生活で、取材に加えて営業も行うことになりました」と書いてあった。
 ネットで調べてみると、時事通信社は国内に78支局、そして、海外に27支局を配置していることがわかった。北海道だけでも、主だったところには支局が有る。取材網の細かさを初めて知った。
 東京本社に於けるT氏は金融面をカバーしておられたが、釧路では果たして何に焦点を当てて記事を書かれるのであろうか? 
 思索的な方だから、そして、文章力は抜群であるから、視点の深淵さたるや、まるで釧路湿原の如く、そして、透徹さにおいては、阿寒湖の如く、書き上げるであろう。

暑中お見舞い申し上げます

 猛暑です。もうたまりません。暑中見舞いを出す期間を調べてみたところ、一般的には梅雨が明ける7月20日頃から立秋までの間だそうです。
 しかし、東京の今年の梅雨明けは7月29日でした。そして、今年の立秋を調べてみると、8月8日です。それ以降は残暑見舞いになります。
 贈答品を送ると先様からすぐにお返しが来ますから、なるべくしないようにしています。とはいえ、頂戴するのはとても嬉しいもの。茨城県と青森県のメロンはさわやかでした。和歌山県の桃ジュースは初めて。浜名湖周辺のしらす干しは体にとてもよさそう。そして、定番である紀州南高梅は長寿の素。
 盛夏を乗り切るには睡眠と食事が大切ですが、それだけなら普通です。脳の活性化をはかるべく、タイ語の新しい単語や表現を覚えましょう!
 小テスト:เด็กเนิร์ด はどういう意味でしょうか?

ニックネームの付け方

 タイ人はほとんどの人達がชื่อเล่น(ニックネーム)を持っている。泰日文化倶楽部のタイ人講師が生徒達にชื่อเล่นを付けて、楽しく授業をしておられる光景を横で見ていると、なんだか楽しそうだ。
 最近、色白の女性が入会されたので、私は彼女に言った。
「お肌が白くて、とても素敵。ขาว(白い)というニックネームはいかが?」
 彼女は帰宅後、タイ人のแฟน(恋人)にそれを伝えたところ、あまり反応がなかったとのこと。
 昨日の授業で、指輪先生に彼女を紹介すると、「ขาวは男性に対して付けます。女性でしたら、มะลิ(ジャスミンの花)がいいですよ。บริสุทธิ์(清純)でหอม(匂いたつ)というイメージが、白いジャスミンから感じられますから」と助言された。
 なるほど。納得である。私のネーミングはイマイチであったことを反省した。

ミカン先生の来訪

 昨夜、「タイ語中級 火曜日19:00」のクラスに、ミカン先生がほんの15分間だけ来訪された。ミカン先生は、2017年9月に東京医科歯科大学で博士号を取得され、現在はマヒドン大学で歯科医兼講師として大活躍中である。
 今回の東京訪問は5日間だけ。会うべき恩師や友人達が多いため、泰日文化倶楽部に割り当てられた時間はわずかに15分だけ。現在、休学中のY子さんも茨城県から駆けつけて来られた。
 ミカン先生は才色兼備で、性格がこれまた跳びぬけて優しい100点満点のタイ女性だ。タイに本帰国されてから1年10ヶ月が経つが、日本語の学力はきちんとキープされておられる。常に使うことを心掛けているからだ。
 泰日文化倶楽部で教えて下さった創設当時のタイ人講師達はもう50代半ばに達しており、日本語を忘れかけている。そろそろ退職したい心境だから、趣味の世界を楽しんでおられる。
 語学の勉強も一つの闘いだ。余力が有る方は、どうかタイ語に対して常に対戦してほしい。

一日暮し

 『一日暮し』(水上勉 角川書店 1996)の冒頭に次なる文章が有る。タイ語に訳してみよう。
 
 「たった一日でよい。あすも、あさっても生きたいと思うから、この世がめんどうになる。今日一日を何とか、人に厄介をかけず、健康ですごせたらと、そればかりの工夫なら、あてがはずれても一日のことだから、雨でも嵐でも、まあ辛抱できるというものだろう。かりに天気にめぐまれても、たとえば家にもめごとが起き、辛い思いが生じないともかぎらない。それだって一日のことなら、まあ、辛抱もできると思う」

助言 と 実践

 昨日は茶道の稽古日であった。暑いので洋服で済まそうと思ったが、そのいい加減な態度に喝! 何故ならば、この日に備えて着付け教室に通い、呉服店の若女将からいろいろと助言をいただいていたからである。
 茶道教室に参加すると、茶道講師から「帯締めが効いているわね」と褒められた。夏物の帯締めだから高価なものではないが、着物や帯を引き締める白黒の帯締めであった。
 着物歴が長い茶道講師から褒められるということは、着物も帯も、そして帯締めもパスしたことになる。その道のプロに厳しい目で品定めとチェックが入るのは緊張、また、緊張。
 暑さを言い訳にだらだらしそうだが、プロの助言を素直に聞き、それを実践するとなんと心地よいことか。

タイ中部への野鳥観察ツアー

 日本野鳥の会東京が発行している『ユリカモメ 8月号』が届いた。その中に、「タイの野鳥まるごとツアーのご案内」という記事が載っていたので紹介したい。
 日程は2020年2月7日から12日まで。この期間であれば避寒旅行にもなる。参加費は311,500円。
 「2月は、留鳥に加え越冬種も加わり賑やかな時期ですので、国立公園内の森林や農耕地、塩田など多様な環境で様々な野鳥を探します。越冬に来ているシギ・チドリ類も種は同じでも日本とは違った姿を見ることができます」
 観察場所は主としてタイ中部のペッチャブリー県。熊本県の有明海にいる希少なヘラシギがこのあたりを越冬地にしているらしいが、タイへ飛んで行けば安泰なり。
 小テスト: 1)野鳥 2)引用する 3)日程 4)期間 5)参加費 6)国立公園 7)森林 8)塩田 9)環境 10)タイ中部

いろいろな繋がり

 昨日、木場公園で開催されたBBQパーティーは実に楽しいものであった。美味しいタイ料理を大樹の緑陰の下でいただき、皆の顔はにこにこ。鳩軍団が我々の周りをぐるぐる。雀はテーブルの上に乗って来る始末。彼らにタイ料理を食べさせて反応を見たかったが、我慢した。
 参加者は、12名+タイ料理店「ヤムヤム」のオーナー。タイ人はボン先生のほかに、東海大学を卒業したばかりのタイ女性。父親が日本人で母親がタイ人というE子さん。大学でタイ語を習った女性、インドネシア関係の旅行会社に勤務の男性。バンコクでの駐在を終えて2年前に帰国した女性。江東区で区議会議員をしている桃子さん(発起人)の元同級生。そのほかは、泰日文化倶楽部の「タイ語中級 水曜日14:40」の生徒達。
 私は桃子さん関連の参加者とも忌憚なく話をしたが、個別に話をしているうちに、いろいろと接点が有ることが判明。72歳の私。やはりだてに生きてきたわけではない。それぞれの方達との繋がりを不思議に思った。ああ、すべては御縁なり!

バーベキュー・パーティー

 今日、「タイ語中級 水曜日14:40」クラスの生徒達が集まって、BBQパーティーを行う。発起人はこのクラスの桃子さん。ボン先生も参加される。
 私の場合は、365日24時間、いつ仕事が入って来ても、即刻かけつける態勢で暮らしている。そのため、「予定は未定です」と返答。
 しかしながら、幸いなことに現在までのところはフリー。したがって、会場である深川の木場公園に向かうことができそうだ。
 食材をどう調達するのであろうかと心配していたが、桃子さんの話によれば、門前仲町に在るタイ料理店がBBQ会場まで運んで来てくださるとのこと。いやはやそのタイ料理店に感謝である。
 タイ料理の食材とたれを使うということは、アウトドアのタイ料理を楽しむということになる。今から楽しみだ。

眠っているタイ語を起こそう!

 先月、仕事先でお会いした男性が、少しだけタイ語を発音したので、タイ語を習った時期を尋ねると、「20年前です」と答えた。今でも覚えている単語を言ってもらうと、「こんにちは」、「ありがとう」、「ダメ」だけであった。謙遜して言っているのかと思ったが、どうやら本当にすっかり忘れてしまったらしい。
 先日、元生徒達と新宿のタイ料理店「モモタイ」へ行った時も、彼らの発音がかなり落ちていることにがっかりした。「旅行で行った時に通じればいいんです」と彼ら。私はあえて反論しなかった。
 昨日、「モモタイ」でバイトをしているM子さんが個人レッスンを受けに来られた。私はまず彼女の単語力をチェックした。彼女は「こんにちは」と「ありがとう」しか知らないと言った。だが、私は彼女の中に眠っているであろうタイ語を引き出したところ、次から次に出て来た。
 90分のうちに、30語ばかり引き出すことに成功。だが、いかんせん、メニューに書かれたカタカナ・タイ語であった。それを磨いてあげるのが私の仕事である。