マッサージ師のタイ語勉強

 ここ最近、マッサージ師の方達が「タイ語をきちんと習いたいです」と言って、入会されるようになった。施術の仕方に関しては、バンコクに於いても日本語でも勉強できるようだが、さらに技術を磨くために、再度、訪タイする際には、タイ人の専門家から直接、習いたいという希望が強いみたいだ。
 身体に関する部位も、タイ語で理解すれば、自分自身がタイのマッサージの世界に一歩一歩踏み込んでいく自信が感じられ、楽しくなるにちがいない。そして、施術に対する学びたいという意欲がますます増すこと請け合いだ。
 キック・ボクシングであれ、タイ舞踊であれ、タイ料理であれ、本場で修行し、タイ人から直接、教わることは有意義なことである。そのためには、時間とお金に余裕が有れば、出発前にタイ語を学び、タイでの生活を10倍、楽しんでもらいたい。
 タイの歌やドラマを見ればタイ語が上手になると思っている方達がおられるが、それらは補助的な教材であって、やはり基礎を学ぶ必要がある。教室で学ぶのには忍耐が要る。授業が面白いと思われる時も、そうではない時もあるが、ひたすら、継続あるのみである。忍耐 → タイ語、そして、タイ語 → 忍耐。