老政治家 & 名誉教授

 1月30日に放映されたNHK番組「クローズアップ現代」のテーマは、<東大紛争45年目の真実 教授たちの告白録>であった。それを見ていると、当時の関係者として、老政治家O氏がインタビューに答えていた。彼を見て、私は驚いた。すでに鬼籍に入られた方であると思っていただけに、御存命で、しかも、百歳におなりになっていたとは!
 何故、O氏のことが気になるかというと、今から30年前、私は彼の通訳をしたからである。非常に物腰のやわらかい方であった。インタビューでは、矍鑠とした態度で、当時のことを明晰に答えておられた。とても百歳とは思われなかった。
 同番組では、同じく、東大名誉教授S氏の見解が取り上げられた。御病気のため、ベッドにふせっている彼の写真1枚だけが放映されたが、それを見て、私はまたしてもびっくりした。失礼を承知でいうならば、すでに他界しておられるものとばかり思っていた。
 S氏とは少しばかり接点が有った。それは、1960年代、八王子に大学セミナーハウスというのが有り、そこで大学生達が合宿して、いろいろなテーマを語り合う討論会がなされていた。私もそれに参加し、若き情熱的なるS氏の学説に聞き入ったものである。御病気とはいえ、彼の眼光には、1960年代の眼光と全く同じものを感じた。

「仕返しする」という単語

 タイ人に、「仕返しをする」という意味で、「แค้น ケェーン」と言うと、通じなかった。そこで、松山納著『簡約タイ語辞典 タイ日・日タイ合本』の日タイ部分で、「仕返しをする」を引いたが、項目が無い。もしやと思って、「仇討ち」を引くと、「แก้แค้น ゲェー・ケェーン」と出ていた。そこで、แก้แค้น を引くと、「報復する」、「復讐する」と出ていた。
 あとで、もう一度、日タイ部分でチェックすると、「報復する」、「復讐する」、という見出し語がちゃんとあった。「仇討ち」で引いた自分のあわてぶりに苦笑したが、恩師松山先生がちゃんと書いてあったのにも驚いた。しかし、「仇討ち」という単語は時代劇の中にしかもう存在しないことであろう。
 いずれにせよ、言葉の使い方が豊かでないと、いろいろな単語を探し出すことができない。タイ語と日本語と両方を相乗効果豊かに勉強していく必要があるなあと思う。

湯島天神の絵馬

 昨日、仕事で本郷へ出かけた。天気が良かったので、帰りに湯島天神へ寄ってみることにした。49年間、東京に住んでいるが、湯島天神へ行ったのは初めて。梅が咲き始めていた。
 境内のあちらこちらにある絵馬をかける場所には、ものすごい数の絵馬がぶらさげられていた。よく見ると、1月31日と書いてある。すなわち、その日に書かれた絵馬だ。前日までの絵馬はすでに奥の方に追い込まれている。
 驚いたことは、東京在住の人達ばかりとは限らず、地方の人達の住所もあったり、祖父母が孫の合格を祈って書いてある絵馬もあった。受験生本人が書いたとは思われる絵馬には、たくさんの志望校が書かれていた。
 「神様はそんなにたくさんの願い事をきくことはできませんよ。日頃から、努力して、実力を蓄えておくことが肝心ですよ」と、私は彼らに言いたい。
 「上智大学に入りたい」という絵馬も有った。その学生は外国語学部に入りたいのかしら? 「大丈夫。きっと、入れますよ。ウエルカム!」と、私は見知らぬ彼にエールを送った。