哀悼のタイ王国(29)

10月20日はプミポン国王が崩御されてから一週間ということで、初七日の行事が執り行われた。全てのチャンネルが、午後6時以降、一斉に切り替わり、御棺が祭られている部屋を中継した。高位高官が公務員の正装である白服に喪章をつけて座っている。その一番最後に、看護師達が数人いた。おそらく国王の最期のお世話をしたシリラート病院の看護師長達であろう。
王族達がお座りになる席は別の一角に設けられている。シリントーン王女のお顔の表情は悲しみそのものであった。何かにじっと耐えておられる。愛する父に向かって、今後のタイの行く末を問いかけておられるようにもお見受けした。
毎晩、テレビ中継されているから、祭壇の部屋の様子や僧侶達の読経には次第に見慣れてきた。しかし、シリントーン王女の御姿だけは何度、拝見しても心がうたれた。特に、祭壇の間に入って来られた時、他の王族達は祭壇の正面に設えられた黄金色の坐椅子に膝をつき、黄金色の小机にこうべを垂れてお参りしたが、シリントーン王女だけは違った。毎回、祭壇横の床に直かにひれ伏してお参りをされた。
亡き父に少しでも近づき、永遠の別れをしている王女の御姿は、私の瞼に焼き付いた。父と娘。そこには誰も入り込めない愛の絆が有るに相違ない。

哀悼のタイ王国(28)

10月21日(金)、ホテルの近くで新聞と果物を買い、部屋に戻ると、すかさずテレビをつけた。タイの人々の国王に対する気持ちを少しでも聞きたかったからだ。
チャンネル3の合同追悼式が会社の正面にある広場で行われている様子が中継された。前列に並ぶ人達は有名な俳優やキャスターであった。涙をぐっとこらえた男優の顔…。涙がひとすじ流れている女優の顔…。
200人位のスタッフが社長や取締役とともに国王讃歌を合唱し、そのあと、大地に全員がひれ伏した。軍隊にも負けない統率力が感じられた。
私が一番驚いたこと、それは、司会進行を担当している女性アナウンサーが、一言もかまなかったことだ。国王の御名前は肩書も入れるとものすごく長い。そして、発音が難解だ。いくらプロといえども、一回くらいはとちるかなあと思ったが、完璧であった。そして、彼女の落ち着いた声の調子は国民を代表して、哀悼の気持ちをタイ国全土に永遠に伝え抜くかの感を呈していた。

哀悼のタイ王国(27)

パラゴンからサイアムスクエアへ移動し、昨年からオープンした新しい商業施設へ行った。女子高校生達が黒いリボンを配っている。その光景は日本で赤い羽根を売っているものと同じであった。赤ではなくて、黒であることが悲しい。
サイアムスクエアにおける人の往来が少ないことが気になった。新しい商業施設の5階6階には日本食のレストランも入っている。そこで丸亀製麺に入ってみた。客は一人だけしかいなかった。店内はがらがら。これで商売は成り立つのであろうか? 冷やしうどんを頼んだ。70バーツ。前日に食べたセンミー(40バーツ)のほうが美味しかった。
今年2月に髪をカットした美容院(3階)を外から眺めた限りにおいては、美容師達がそこそこ忙しそうにしていた。2階にあるおしゃれなカフェ・レストランにはだんだん人が入り始めていた。夕方が近い証拠だ。タイ人は大勢の仲間が集まって食事をするのが似合う。一人淋しくうどんをすするのは似つかわしくない。

哀悼のタイ王国(26)

10月21日(金)、王宮での記帳を終えて、サイアム駅まで戻って来た。パラゴンに入ると、レストランやカフェが有る2階には若者が大勢いて活気が感じられた。しかし、洋服を売っている階へ上がって行くと、人はまばらであった。
そこへ行った理由は黒い服を買うため。翌日、昔のタイ人講師と20数年ぶりに会う約束があったので、新しい服装で会いたかったからだ。チャオプラヤー河の水を浴びた服を手洗いしても、おそらくきれいには仕上がらないであろうと判断したためである。
絹製の黒い長袖ブラウスが気に入った。だが値段はものすごく高かった。東京の有名デパートの値段と変わらなかった。買うか買うまいか、しばらく迷いに迷った。だが、不景気に陥ったタイ経済に少しでも貢献しようと思って大枚をはたくことにした。
そして、もう一つの理由は、この黒服を見ると、プミポン国王のことをいつまでも思い出せることになるからと考え、自分に指令を送って買った。

哀悼のタイ王国(25)

王宮前広場を取り囲む散歩道にはたくさんのボランティアがいて、タイ料理をふるまっていた。地方からバンコクに来た(เข้ากุงเทพฯ)人々には空腹を満たすのにもってこいの場所だ。私は並ぶのがいやだったので、アイスクリームをもらい、タイ人の観察をした。皆、黒服を着ているが、喪服ではない。普段の気持ちそのままで国王に別れを告げに来ている。それがいい。
食べる表情には屈託がない。すぐ近くにはトイレバスが数台、用意されているから、いくら食べても、そして、いくら飲んでも心配がない。警備にあたっている警察官の顔も優しさに満ちている。
マッサージをしているブースの前でマッサージの技術を見ていると、「あなたも並んだらどう?」と言われた。後ろに敷かれたござに目をやると、たくさんのタイ人が座り込んでいた。
私は民主記念塔(อนุสาวรีย์ประชาธิปไตย)近くまで歩いて、タクシーをひろい、パラゴンへと向かった。