今日の作文

 区役所から送付されて来た癌検診のお知らせから抜粋する。

1.検診は定員に達し次第、実施期間中でも終了する場合があります。

2.検診の結果が要精密検査となった場合は、必ず精密検査を受けてください。

3.癌検診は早期発見というメリットがありますが、デメリットもあります。

4.癌検診は継続が重要です。

5.一度受けたからと安心するのではなく、継続して受けましょう。

平成元年の時計

 アンティーク時計を蒐集するのが趣味の元生徒さんから、彼の行きつけの時計店を紹介された。そこで昨日行ってみた。修理もしてくれるその店はなんと私がよく仕事で行っている場所と明治通りを挟んで反対側に在った。

 私は平成元年に買った時計の修理をお願いした。もったいないと思ってずっと使っていなかったので全く動かなくなってしまい、もはや諦めていた。店主から「電池切れをそのまま放置しておくと電池漏れがして良くないんですよ。電池が切れたらすぐに新しいのと交換すること」と注意された。

 「急ぎませんからよろしくお願いいたします」と言って店を出た。時計は平成の30年間、そして、令和に入ってからもずっと冬眠状態であった。時計店の店主の腕で長い眠りから覚ましてもらい、新しい未来に向かって、今度はリハビリを兼ねて使おうと思う。

 

方言の推移

 昨日、テレビを見ていると、地方の取材で、「やらかい」という単語を発する高齢者がいた。それが「やわらかい」であることは映像の助けですぐにわかった。そして、同時に「やらこい」という単語も思い出した。香川県で使っているからである。

 「やわらかい」が派生して、「やらかい」、「やらこい」、さらには、「やおい」という言い方も有る。主として関西圏内で使われているようだが、人的移動や交流を機にじわりじわりと他地域にも広がって行ったようだ。

 しかしながら、高齢者達が亡くなり、ネット社会の若者達が増えて来ると、方言も推移し、やがては徐々に消滅して行くかもしれない。「祖父母から聞いたことがあるが自分は使わない」と言う若者が多い。私も東京に住んで58年余。讃岐弁を使う機会が無く、耳底に残っているのをふとした時に思い出すだけになった。

今日の翻訳

 今日は、以前に出題していた「県シリーズ」の中から、จ.ลำปาง を取り上げる。

1. ลำปางอยู่ห่างจากกรุงเทพมหานครขึ้นไปทางทิศเหนือประมาณ ๖๐๐ กิโลเมตรเศษ เป็นเมืองใหญ่บนดินแดนแห่งล้านนา มีพื้นที่ประมาณ ๑๒,๕๓๓ ตารางกิโลเมตร

2. ต้ังอยู่ท่ามกลางขุนเขาที่รายล้อมสวยงาม โดยทิศเหนือติดกับเขตจังหวัดพะเยาและจังหวัดเชียงราย ทิศใต้ติดกับเขตจังหวัดตากและจังหวัดสุโขทัย ทิศตะวันออกติดกับเขตจังหวัดแพร่ และทิศตะวันตกติดกับจังหวัดเชียงใหม่และจังหวัดลำพูน

3.ภูมิอากาศของเมืองลำปางมี ๓ ฤดู คล้ายภูมิอากาศทั่วๆ ไปของจังหวัดทางภาคเหนือ ในฤดูฝนมักจะมีฝนตกชุก เนื่องจากสภาพภูมิประเทศส่วนใหญ่เป็นภูเขาสูงล้อมรอบ โดยฤดูฝนจะเริ่มต้นในราวเดือนมิถุนายนไปจนถึงกลางเดือนพฤศจิกายนของทุกปี

4. จากนั้นอากาศจะเริ่มเย็นลงและเข้าสู่ฤดูหนาวไปจนถึงกุมภาพันธ์ ในฤดูร้อนอากาศเมืองลำปางมักจะร้อนจัด ทั้งนี้เนื่องจากพื้นที่ส่วนใหญ่เป็นที่ราบ ซึ่งมีลักษณะเป็นแอ่งล้อมรอบไปด้วยเทือกเขาใหญ่น้อย โดยเฉพาะในเดือนมีนาคมของทุกปี อากาศจะร้อนอบอ้าวเสมอ

ウールのシャツ

 アパレル会社に勤務しておられる生徒さん(現在、休学中)から次なる問い合わせが有った。「最近、タイの取引先から連絡が来ます。タイの人はウールのシャツ、着ますか? タイは年中暑いから厚めのシャツは着ないのでしょうか」

 私はすぐに返答した。「タイ人はウールは着ませんね。厚めのシャツも着ません」

 しかし、あとで考えた。チェンマイやチェンライは寒い時がある。これから異常気象がどんどん進み、タイ北部や東北部の人達は冬服(เสื้อกันหนาว)を必要とするかもしれない。そして、日本のおしゃれなブランド服を余裕で買える時代が到来することも有り得る。バンコク在住のタイ人だけを通り一遍に考えていてはいけないと反省。

 

日本人の耳・タイ人の耳

 昨日の個人レッスンで、生徒さんから発音に関する質問を受けた。「พูดเล่น phuut len の発音が難しいです。どうしても ผู้ เล่น puu len になってしまいます」

 そこで私は助言した。末子音の<t>は、たとえ無音であっても、舌先だけは上の歯の裏側に軽くあててください。タイ語の末子音(p/t/k)は舌の位置が大切です。日本人は末子音に慣れていないので、聞き取ることが不得手ですね」

 たまたま使用しているタイ語のテキストに昔のタイ人講師が書き込みをしていた。① พริก とからし(=とうがらし) ② อร่อย おいし(=おいしい) ③ ถูกใจ きにる(=気に入る)、等々。それを見て、タイ人の耳は耳で、彼らなりに弱点が有ることがわかった。

今日の作文

1.昨日、友人から冷凍食品が大量に送られて来た。

2.牛肉7、豚肉3で配合した肉厚のハンバーグ

3.国産野菜(キャベツ、玉ねぎ、長ねぎ、にら、しょうが)と国産の豚肉・鶏肉を使用した餃子

4.うま味たっぷりのスープがあふれ出す小籠包

5.しっとりとした食感の生ハムはサラダやパスタのトッピングに!

6.大き目で食べ応えのある焼売と、うま味が詰まったつくね串

電池切れ

 体重計に乗ってもメモリが出ない。まさか体重がゼロに? 有り得ない。電池切れであった。ガスコンロの火花がチカチカしたかと思うとすぐに消えた。料理ができない。あわてた。エアコンのリモコンが反応しない。これまた電池切れであった。

 最近、このようなことが連続して起こったので不思議な気持ちになった。近くのコンビニまで電池を買いに走り、詰め替えれば何のことはないのだが、同時期に電池切れが発生するとは…..。これは何かのサイン?

 ひるがえって考えれば、私の体内時計は正常である。24時間、きちんと動いている。体力維持の栄養(=電池)をしっかり摂取。したがって大丈夫。だが、待てよ、過信は禁物。体力に気力を加味するには、単に栄養だけではなくて、内外に対する関心の幅を広げることも肝要なり。

女優飲み

 一昨日、茶道教室に参加した。軸は「瀧」という漢字一文字。まるで滝が流れているかのような字体に幽遠さを覚えた。

 今年は猛暑続き。テレビで水分補給が喚起注意されたが、茶道仲間が面白い単語を教えてくださった。「がぶがぶと一気にたくさん飲むのは体によくないらしい。女優飲みがいいそうです」

 銀幕時代の女優達のことを知っている私は、<女優飲み>と聞いて、すぐに如何なる飲み方かが想像できた。ラッパ飲みなどもってのほか。現代の若手の女優さんは「この人、女優?」という人が多くなった。世間がそうさせているのだ。

今日の翻訳

 元バンコク都知事のจำลอง氏の著書『ชีวิตจำลอง』(โรงพิมพ์ธีระการพืมพ์ พ.ศ.๒๕๓๓)からの出題は今日で3回目である。

1.แม่ไม่มีอะไรขัดใจ แต่แม่คงอยากพาลูกออกไปอยู่อย่างอิสระ จึงตัดสินใจลาออกจากบ้านคุณนาย พาผมไปอยู่กับยายตามเดิม

2. แม่ลาออกทั้งๆที่ไม่รู้ว่าออกแล้วจะไปทำมาหากินอะไร แต่แม่ก็มั่นใจว่า ด้วยความขยันและไม่เลือกงาน มีหาบมีไม้คาน แม่คงพาชีวิตสองแม่ลูกรอดได้แน่

3. ผมทราบว่าตอนนั้นคุณนาย คุณหลวง และทุกคนในบ้านก็ไม่อยากให้แม่ผมออก เพราะแม่ขยันและทำงานอะไรพิถีพิถันเป็นระเบียบเรียบร้อย

4. แม่เป็นคนเจ้าระเบียบมาจนกระทั่งแก่ ใครทำอะไรให้ก็ไม่ถูกใจ แม่ติว่าไม่เป็นระเบียบ ไม่เรียบร้อยเหมือนดังใจ แม่ก็มักจะทำเสียเอง