親子二代の生徒達

 昨日、約5年ぶりに根岸のレストランへ出かけた。近くには「子規庵」が在る。そして「ねぎし三平堂」は目と鼻の先。マスターの幼友達がひょっこり顔を出した。その男性は私の40年前の元教え子のご家族をよく知っておられる方なので、ご家族の近況を尋ねるとご主人は山で遭難され他界されたと知らされた。私は絶句した。

 元教え子の娘さんにも25年前に私は大学でタイ語を教えた。その娘さんにはもう社会人になった息子さんがおられると聞いて、時間の経過の早さに感慨を覚えた。

 タイ語を教えて50年余。親子二代で習ってくださった生徒達が7組おられる。そのうちの3組の親御さんがすでに天国へ。何かの縁に導かれてお会いした方達だけに、教えていた時の様子を思い出すと悲しくてたまらない。