Wimbledon センターコート

 毎夜中、ウィンブルドン選手権の試合を観ている。今週から後半に入り、ますます面白くなってきた。なかでもセンターコートで行われる試合はほとんどがまるで決勝戦みたいだ。

 1877年7月9日から始まったウィンブルドン選手権。センターコートは今年100周年を迎えたということで、往年の名選手達が記念式典に登場。私は1970年代からウィンブルドンの中継を見ているので、試合中、やんちゃ坊主で悪態が目立ったジョン・マッケンジーがおだやかな紳士になっていることに時間の流れを覚えた。

 50年近くウィンブルドン大会を楽しんでいる理由はいろいろ有るが、選手達の真っ白いテニスウェア、そして、観客達の品の良い服装を見るのも楽しみの一つだ。今年の出場選手の中には18歳や19歳がいる。2000年代に生まれた彼らのパワーのおすそ分けを1%でいいからもらいたい。