今日の作文

 『衣食足りて、住にかまける』(島田雅彦 光文社 2004年)から出題する。

1.暮らしの中に川は必要だけれども、グリーンも必要なのだ。

2.自分は都会者だと思っていたが、ある程度の規模の雑木林がないと落ち着かないということがわかった。

3.雑木林や川原は今も昔も自分の喜怒哀楽を処理する場所だったのである。

4.嫌なことがあっても嬉しいことがあっても川原に行く。

5.川はその時々の精神状態を映す鏡なのだろう。

6.用もなく雑木林の中を歩き、木に向かってぼやく。

7.自我が苦しいときになんとなく逃げ込める隙間みたいな場所が私には必要なのだ。