蓬(よもぎ)の輝き

 私は2007年から生け花を習っているのでもう15年になる。暇な時に小原流の月刊誌『挿花』を眺めているが、昨日は初心に帰って、2007年7月号を読み返した。そして、境野米子さん(生活評論家・薬剤師)が書かれた「蓬のもち」に興味を覚えた。

 ~学名はギリシャ神話の女神アルテミスに由来するといわれ、「Artemisia princeps Pam』と名付けられています。アルテミスはローマ神話ではディアナといい、英語読みではダイアナと呼ばれると聞けば、華やかな輝きを感じていただけるでしょうか。アルテミスは月と狩猟の女神で、多産と子どもの守り神とされています。~

 蓬の葉は6~7月頃に盛んに伸びるそうだ。「煎じ薬は、痔や冷えによる腹痛、便秘、血尿、吐血、食欲不振の改善などに効果が有ります」とのこと。母が作った蓬もちをただただ頬張るだけであったが、健康な体造りの基礎となったとは!