日泰寺の御守り

 黄金週間の休みが終わり、生徒達が元気に教室に戻って来てくださったのは嬉しいことだ。さらに嬉しいのは各地のお土産がいただけること。名古屋へ行かれた生徒さんは、「名古屋限定 手羽先味の米菓」と日泰寺の御守りをくださった。使われているもち米は、なんと、国産とタイ産のミックスであった。

 タイと大変にゆかりの有る日泰寺(名古屋市千種区)。生徒さんは境内にあるラーマ5世の銅像、象の銅像、そして随所に有るタイ文字表記をしっかりと写真に収めておられた。

 私は1987年、日泰修好通商条約百周年記念の年に、タイから来たテレビクルーと一緒に行った。あれから35年。御加護をいただいて、ずっとタイの仕事にたずさわることができている。