相性

 佐々木朗希投手の記録が途切れたことで、いろいろなコメントが出ているが、藤川球児氏の佐々木選手に対する分析は、藤川氏も投手であっただけにとても適格である。配球の失敗にも、「よしよし、今後の勉強になるよ」と言って、将来に期待している。

 「佐々木投手が実力を発揮できるかどうかは京セラドームとの相性による」と、試合前から藤川氏ははっきり言及。試合後のインタビューで、佐々木投手が、「マウンドの角度が違っていた。風圧にも慣れなかった」と言っていたから、藤川氏の眼は確かであったと言えよう。

 ものごとであれ、人事であれ、夫婦であれ、恋人であれ、友人であれ、すべては「相性」が肝心。先生と生徒の間柄も相性次第。しかし、相性のいい人との出合いはそうそう無い。この黄金週間に期待をして、「相性探し」をやってみようか………。