自分を大切に生きる

 今日から私は後期高齢者の仲間入りをした。だが、この後期高齢者という区切り方に対して疑問視する人も多い。多くの移民を抱える欧米諸国では、各人の考え方が様々だから、年齢を区切るのはナンセンスだそうだ。

 インドの教えである「学生期、家住期、林住期、遊行期」が有名だが、これに基づくと、私は第4ステージに入ったことになる。束縛から離れ、好きなことをして、彼岸への準備をそろりそろり…….。

 とはいえど、私には学生期に戻って勉強する意欲が十分にある。あと四半世紀、勉強三昧の日々を送り、自分を大切に生きよう。

アジャパーと伴淳

 今朝、NHK番組「あの人は今」で、喜劇役者の伴淳三郎(1908-1981)が取り上げられた。亡くなられてからもう30年が経ったとは……。私は浜町に在ったスタジオの廊下で彼とすれ違ったことがある。小さい頃から、花菱アチャコや浪花千栄子、等々で笑わせてくれたコメディアンの一人として、伴淳(略語)はよく知っていた。

 すれ違った時の伴淳は苦渋に満ちた顔をしていた。喜劇役者という雰囲気はなく、借金を抱えた古老のスターという感じがした。それからまもなくして彼は亡くなられた。

 彼といえば「アジャパー」が有名。米沢出身の彼は山形弁の訛りに苦しんだそうだ。しかし、晩年に出演したNHKの朝ドラでは、山形が舞台であったので、それこそ彼の持ち味を十分に発揮できたとのこと。自分が一番得意とする言葉を話すということは何と幸せなことであろうか!

今日の翻訳

 タイ詩の中で、กลอน(4脚=8言x8句)と呼ばれる形式(注:สักวา で始まり、 เอยで終わる)で書かれた『ค่าของคน』(ช่อทิพย สิริลักษณ์著 สำนักพิมพ์บรรณกิจ社 1991年)から出題する。

1. สักวาเกิดเป็นคนบนโลกกว้าง / จงเร่งสร้างชีวีให้มีค่า

2.ทุกขณะก้าวผ่านกาลเวลา / เตือนตนว่า“จะทำดีให้ชีวัน”

3.แม้เลือกเกิดไม่ได้ดังใจคิด / แต่มีสิทธิ์เลือกทางการสร้างสรรค์

4.ค่าของสัตว์วัดที่ร่างแตกต่างกัน / ค่าคนนั้นวัดกันที่ชั่วดีเอย

レイクパピルス

 昨夕、授業をしていた時、チャイムが鳴った。突然の見学者かしらと思いつつ、インターフォンで話をすると、「○○商会です」と告げられた。その会社名は大手の会社としてよく知られているので、ドアを開けた。二人の若手社員が立っていた。世の中、オンライン化の傾向に向かっている中、営業で外回りをしていることに旧体質をみたが、一歩一歩歩くこともまた大切。

 二人とも腰が低くて新鮮に見えたので、名刺をもらっておくことにした。名刺の裏の一番下に、次なる文章が書かれてあった。

 「この名刺は琵琶湖の葦20%と植林木75%、国内材5%から作られており、琵琶湖の水質浄化と地球環境に配慮したものです。この名刺1枚で琵琶湖の水2ℓが浄化されます(レイクパピルス20)」

 なお、この会社は「サービス&サポートソリューション」として、<教育支援サービス&ラーニングシステム>もやっていることが名刺を見てわかった。

ปั้นというタイ語

 昨日の授業で陶器のことが話題になった。タイ語で陶器はเครื่องปั้นดินเผาという。すると、タイの格言が得意な生徒さんがすかさず言った。「ปั้น(こねて象る)という動詞を聞けば、 ปั้นน้ำเป็นตัว ですね」 

 その意味するところは、「うその話をでっち上げる、うそをつく」。直訳は、「水をこねて成形する」。水をこねて象ることは不可能。自明の理である。

 『タイ語辞典』(冨田竹次郎編纂)には、ปั้น を使った表現がいろいろと書かれてあった。ข้าวปั้น(おにぎり)とか、 รูปปั้น(彫像)くらいはわかるが、 ปั้นปึ่ง(高慢な態度をとる、つんつんする)、 ปั้นยศ(偉そうにする、お高くとまる、鼻であしらう)、 ปั้นล่ำ(自慢する、うぬぼれる)、ปั้นสีหน้า~(わざと~の顔をして見せる、等々の表現があることは知らなかった。

今日の作文

1. 衆議院議員選挙は10月31日に行われる。

2. 参議院議員選挙は何年ごとに実施されますか?

3. 期日前投票に行く人が多くなった。

4. 選挙公約はあてにならない。

5. Aさんは何度も立候補するが、当選したことがない。

6. 選挙カーが家の前を通るとうるさい。

東京のタイ料理店

 今日(10月25日)から時短営業の制限が解除されるため、飲食店には活気が戻るはずである。今月から某タイ料理店のマスターがタイ語の勉強を本格的にやりたいということで、泰日文化倶楽部に入会されたことは数日前にご紹介した。

 そこで、「東京のタイ料理店」という項目でネットで調べてみると、なんと1,076店舗が記載されているではないか! 50数年前、私がタイ王国大使館に勤務していた時にはタイ料理専門店は八丁堀に一軒しかなかった。有楽町の慶楽という店にはタイ語で書かれたメニューが有ったが、メインは中華料理。

 1,076店舗の中には、ベトナム料理、ミャンマー料理、インドネシア料理、ネパール料理、等々を兼用で出す店も少々、含まれてはいるものの、私が知っている昔からのタイ料理店の名前を見つけた時、大いなるなつかしさを覚えた。みんな、よく頑張っている。だが、待てよ、もしかすれば、オーナー達は代替わりしているかもしれない…..?

多言語に秀でた生徒さん

 昨日は山手線内回りの終日工事のため、生徒達はいつもと異なるルートで教室に現れた。Sさんから「到着が10分遅れます」というメール連絡があったので、そのつもりで待っていたら、何と授業開始時間の10時30分ドンピシャに現れた。新宿で埼京線から山手線に乗り換える時に走ると、予定していた電車の前の電車に間に合ったそうだ。彼の熱意に感心した。

 Sさんは諸言語をマスターしておられる。いわゆる多言語人間である。タイ語の学習はおそらく15番目位の言語だと思われる。昨日、彼からウズベキスタン共和国が主催しているウズベク語の詩の朗読に入賞し、大使館のHPで紹介されているということで、その動画を見せていただいた。素人の私でも彼の発音にうっとり……。

 欧米の言語はもちろんのこと、中国語の発音もうまい。タイ語の勉強も熱心。多言語を同時に勉強することはかなり難しいのに、彼はそれらを上手に裁いている。彼の職業は弁護士(ทนายความ)。彼の言語財産は仕事にも底辺から役立っているに相違ない。

今日の翻訳

『ยิ้มครูบ้านนอก』( อาทิตย์ แมกเมฆ著 สำนักพิมพ์หนอน刊 仏暦2522年)から出題するが、この本を引用するのは2回目である。

1.  อาชีพครูอย่างผม นอกจากจะผูกพันอยู่กับนักเรียนอยู่อย่างแนบแน่นแล้ว บุคคลอีกคนหนึ่งที่หลีกเลี่ยงไม่พ้น ก็คือภารโรง

2. ผมคงไม่ต้องไปเปิดพจนานุกรมมาอธิบายให้ฟังดอกนะครับว่า ภารโรงคืออะไร เพราะเชื่อว่า ทุกคนที่เคยผ่านโรงเรียนมาคงรู้จักภารโรงกันทั้งนั้น ชั่วแต่ว่า จะรู้จักมากน้อยแค่ไหน

3. บางคนอาจรู้จักแค่ว่า เป็นผู้คอยรับใช้ในโรงเรียน บางคนอาจมีความสนิทสนมด้วยเป็นการส่วนตัว นั่นก็แล้วแต่ประสบการณ์ของแต่ละคน

4. ส่วนตัวผมเองนั้น รู้จักภารโรงมาตั้งแต่เริ่มเรียนชั้นประถมจนกระทั่งเรียนจบมาเป็นครูกับเขา ก็มาร่วมงานกับบุคคลที่เรียกว่าภารโรงอีก เคยเห็นภารโรงมามากมายหลายคนแล้ว

5. มีตั้งแต่ชนิดที่ควรเรียกว่า “ภารโรง“ ได้เต็มปาก ไปจนกระทั่งถึงอย่างที่ครู ๆ แกล้งเรียกว่า “พาลโรง” อย่างหลังนี้กลายเป็นนักเลงประจำโรงเรียนไปเลย

AQ 一番

 昨日、新しい生徒さんが入会された。和歌山県出身の女性である。苗字を伺っただけで戦国時代の有名な武将一族がすぐに頭に浮かんだ。先週に引き続き、日本史に残る苗字を有する方とお知り合いになれたことに不思議さを覚える。こうとなれば、もっと集まって来てほしい。高田馬場で、いざ、決闘だあ。

 帰宅途中、スーパーに寄ったら、熊本産のみかんと和歌山産のみかんを売っていた。私はすかさず和歌山産を選んだ。ラベルに書かれている表現が興味深かった。

 ARIDA QUALITY 和歌山県産。AQ一番。糖度12度以上。[A級] 光センサーでしっかり選んだ本場有田ならではの「A級」品質。[永久]に受け継がれる歴史と伝統に守られたみかん作りの精神。