銀座のママ

 昨日、30年前の教え子さんから、グループラインに書き込みが有った。「お知らせですが、コロナ終息を見据えて、銀座で小さなBARを来月からオープンします。みなさん新米ママに会いに来てくださいね」

 これには驚いた。学生時代はおとなしそうに見えていた彼女が銀座のママになるとは! 一緒にチャイヤプーム県(東北タイ)へ行き、大雨に叩きつけられる田舎の家で一晩、恐々と過ごした思い出がすぐに浮かんできた。

 社会人になってから紆余曲折を経て、彼女は肝っ玉がすわったのかもしれない。人間関係も増えたのであろう。彼女ならきっと成功する。開店祝いを兼ねて、その店を訪ねてみよう。その際には、私も着物を着て、ビッグママの顔つきで行こうかな……。