「布」という漢字

 国立民族学博物館から2022年のカレンダーが届いた。写真のテーマは「躍動するインド世界の布」。これを監修された上羽陽子氏の解説を引用すると以下の如くである。

 ~ インド世界の布は、場をくぎり、人をつなぎ、神と人の媒介となり、政治をうごかし、グローバル経済をうみだす。このように躍動する布の現場に光を当て、布の役割や機能を明らかにすることは、グローバル化が進む現代インドの社会や文化の持続と変容の動態をひもとくことにつながる。~

 あらためて「布」という漢字を調べてみると、布そのもの以外に、<敷く・広げる>という意味で、布陣、散布、塗布、が有り、<広く行きわたる>という意味で、布教、流布、公布、発布、配布、等が有る。希望の希にも、布が! 新首相に希望を託そう。

宣言解除間近い

 いよいよ10月1日から緊急事態宣言等が全面的に解除されることになった。街頭で収録した人々の意見は様々……。そりゃそうだ。そのように編集しているからだ。要は信頼できる情報を分析し、自分の考えをしっかりと持って自分自身で対処するしかない。

 昨日の朝、西新宿を車で走った。緑の並木が美しい。まだまだ暑いので、会社員達は夏服であった。初夏だと言っても誰も疑わないであろう。だが、あと半月もすれば木の葉は次第に枯れて行き、秋へと突入だ。

 「タイ語初級 月曜日18:00」の男性クラスは10月から再開する。だが、「タイ語上級 木曜日18:30」の女性クラスはまだずっと休講が続く。10ヶ月近く休んでいたため、夜、教室へ行くことが億劫になったそうだが、いずれにせよ、コロナに気をゆるめたくないという気持ちも理解できる。

今日の翻訳

 『อาชญากรรม อาชญาวิทยา และ งานยุติธรรมทางอาญา』(พันตำรวจตรี ดร.เสกสัณ เครือคำ 著 2015年)から出典。

1. ปัจจุบันการทำงานของตำรวจนั้นไม่ใช่เรื่องง่ายเหมือนเมื่อก่อนเนื่องจากความซับซ้อนของสังคมที่มีเพิ่มมากขึ้นในปัจจุบัน ทำให้ตำรวจนั้นมีภารกิจหน้าที่หลากหลาย ซึ่งตำรวจกำเนิดขึ้นในสังคมมาเป็นระยะเวลานานแล้ว

2. ตำรวจนั้นเป็นเหมือนต้นธารในกระบวนการยุติธรรมทางอาญา เพราะเมื่อเกิดอาชญากรรมขึ้น ตำรวจเป็นหน่วยงานแรกที่จะเข้าไปรับผิดชอบ ทำให้ตำรวจมีความใกล้ชิดกับประชาชนและสังคมมากกว่าหน่วยงานอื่นๆ

3. ยิ่งกว่านั้นภารกิจหน้าที่ของตำรวจนั้นจำเป็นจะต้องเข้าไปเกี่ยวข้องกับการดำเนินชีวิตของประชาชนในแต่ละวันอย่างหลีกเลี่ยงไม่ได้ ดังนั้นตำรวจจึงมีบทบาทสำคัญในการรักษาความสงบสุขและความเป็นปกติของสังคม

寒露と甘露

 二十四節季のうち秋分が過ぎた。次なるは「寒露」である。これは10月8日頃から22日頃を指すようだが、伝統文化に関する習い事では季節を先取りする傾向が有るので、気持ちはもはや「寒露」。富士山の初冠雪も報じられたことだし…..。

 『六甲山房記』(陳舜臣 岩波書店 1987年)の中に、「酒泉伝説」という章が有り、次なる記述を見つけた、「河西は中国的世界と西域世界をつなぐ回廊である。<中略> 酒泉のまちの中心にかつての鼓楼が残っている。楼上にのぼってみると、酒泉のまちは一望のもとにあった。<中略> 酒をそそいだ、あるいは酒の味がするといわれた泉は、酒泉公園にある。酒の味がするというのは、それほどおいしい水という意味であろう」

 西早稲田に「甘泉園公園」という都の公園が有る。江戸時代、大名屋敷だったそうだが、お茶にふさわしい美味しい湧き水が出ていたとのこと。茶道講師は抹茶を飲み切ると、「ああ、甘露!」といつも発せられる。他人の甘い汁ばかりを吸うのはよくないが、甘露なる水で点てた一服は至福のひと時である。

 

高田馬場4丁目

 泰日文化倶楽部は新宿区高田馬場4丁目に在る。先日、近所を散歩した。写真館の前に来て驚いた。廃業していたからである。そこで旅券用の写真を撮ったのは4年前。今度はマイナーカード用の写真を撮ってもらおうと思っていたのに、残念。

 高田馬場には福の湯という銭湯が有る。そこの前まで来ると、廃業していた。あとで入手した情報に拠ると、経営者が亡くなられたとのこと。彼が愛し育てていた爬虫類達は一体、誰に引き取られて行ったのであろうか? 次なる継承者が早く見つかり、銭湯の煙突から煙が出る日が来ることを祈る。

 泰日文化倶楽部が入っているビルの隣りにはHISが有った。しかし、昨年2月から閉鎖。そして、現在は、ファミリーマートの新店舗に改装中。10月から新規開店だ。こうして、街の様子は徐々に変貌を遂げて行く。

今日の作文

1. 学びはまねることから始めよう。

2. 子育て上、親が学ぶ点は数限りなく多い。

3. 単に言葉を並べるのではなくて、言葉のリズムも取り入れよう。

4. 中華料理は油っぽい。次回は精進料理が食べたい。

5. 病人への寄付の為に金メダルをオークションに出した選手がいる。

6. 気が変わりやすい人とは付き合いたくない。

7. 外国紙幣を両替したい。しかし、レートがあまりにも悪すぎる。

銀座のママ

 昨日、30年前の教え子さんから、グループラインに書き込みが有った。「お知らせですが、コロナ終息を見据えて、銀座で小さなBARを来月からオープンします。みなさん新米ママに会いに来てくださいね」

 これには驚いた。学生時代はおとなしそうに見えていた彼女が銀座のママになるとは! 一緒にチャイヤプーム県(東北タイ)へ行き、大雨に叩きつけられる田舎の家で一晩、恐々と過ごした思い出がすぐに浮かんできた。

 社会人になってから紆余曲折を経て、彼女は肝っ玉がすわったのかもしれない。人間関係も増えたのであろう。彼女ならきっと成功する。開店祝いを兼ねて、その店を訪ねてみよう。その際には、私も着物を着て、ビッグママの顔つきで行こうかな……。

会話とひらめき

 コロナ禍、親戚や友人との会話が激減している。このまま付き合いが消え入りそうな気がしないでもない今日この頃である。『ひらめき脳』(茂木健一郎 新潮社 2006年)の中に、次なる文章を見つけた。

 <会話はひらめきの連続> また、普段の何気ない会話も、「ひらめき」にとって非常に重要な要素です。確かに何かを伝えたいという気持ちがないと、人間の脳は本気を出さないようになっています。普通の人が経験する最も身近なひらめきというのは会話です。もっと言えば、会話というのは、ひらめきが連続して起こっている状態ともいえます。その場その場で言葉が次々と出るわけですから。

 とにかく、意識して声を出そう。そして、友人と話をして、ああでもない、こうでもないと喋り、萎縮している自分の脳を活性化させよう。喋る意欲こそが外国語の勉強に欠かせない要素そのものである。

今日の翻訳

前回に引き続き、『การละเล่นเด็กไทย』から出題する。

1. การเล่นกระโดดเชือก นอกจากเป็นการละเล่นอย่างหนึ่งของเด็กไทยแล้ว ยังเป็นการออกกำลังกายที่ดีอีกด้วย

2. อุปกรณ์ก็มีเพียงเชือกเส้นเดียวเท่านั้น เด็กๆจะเลือกสถานที่ที่เป็นลานกว้างและเรียบ ก่อนเล่นทุกคนจะช่วยกันเก็บเศษไม้ กวาดใบหญ้าออกก่อน

3. เปียกับน้องพลอยเป็นคู่เหวี่ยงเชือกก่อน เจ้าจุกและแกละเป็นผู้กระโดด อาจกระโดดครั้งละคนหรือครั้งละ๒คนก็ได้ ระยะเวลาของการเล่นตามที่ตกลงกัน จากนั้นจึงเปลี่ยนคู่สลับกันกระโดด

創作する歓び

 今朝のNHKニュースで、長野県在住の女性(80歳)が65歳から紙芝居を作成し始め、集会所で皆さんに披露している様子が紹介された。とても生きがいを覚えておられ、好ましく思われた。

 先日、第68回日本伝統工芸展を鑑賞しに行った。第一線のプロの方達の作品だから、精緻で素晴らしいのは当たり前。だが、とにもかくにも心打たれたのは、ここまでの道のりをいかなる精神的葛藤と共に忍耐強く邁進して来られたのであろうかという点だ。

 総裁賞を受賞された女性は私と同い年であった。彼女の創造力に圧倒された。まだまだこの先、気迫のこもった作品を創造して行く力が渦巻いていることが作品から見て取れた。プロの工芸家達には到底及ばなくても、自分なりに創作行為を継続すれば、自分なりの歓びが得られると信じる。