青森のメロン

 メロンといえば何と言っても静岡が有名だ。歴史のある高級なクラウンメロンはラベルに書かれた生産者番号をアプリで調べれば、ハウスの前に立つ生産者の顔までが見えるようになっている。先月、静岡の友人から贈呈された時は興奮した。

 次に茨城県鉾田市のメロンも有名だ。元生徒さんから毎年6月に送って来てくださる。「ずっと送り続けますよ」と彼。それを期待して、長生きしたいと思う。茨城県にはタイ人が農業技術研修生として大勢働いている。彼らの中にはビニールハウスの高温に耐えられず、逃げ出してしまうものもいる。安い労働力として使われたのではたまったものではない。

 一昨日、青森県からメロンが届いた。いつもと異なる箱であったので、御礼方々、贈り主にお電話をすると、「これまでのメロン業者がやめてしまったんですよ」と彼は訳を話してくださった。生産者が高齢のため体力限界? それとも一緒に働いてくれる人が見つからないのであろうか?