クーラー

 自宅で使用しているクーラーの一台から水が漏れ始めているのに気がついた。そこで壊れていると思って長い間諦めていたもう一台を試しにつけてみた。すると、何なく涼しい風を送ってくれるではないか。いたくご機嫌だ。これまでの誤解は何だったのであろう。

 いずれにせよ、クーラーから教訓を得た。なにごとも「二つ」、または、「主と副」があったほうがいい。一つ目が駄目になると、二つ目を登場させ利用すればいいのだ。動かなくなったほうは休ませたり、時間をかけて修理。それが肝要。

 コロナ禍に於いて、休業に追い込まれた人達。店の業態を変えたという店主。副業を認める会社。自分の生業にストップがかかるのは誰しもが遭遇する時代だ。そういう時代変容に備えて、自分自身の中に「主と副」の二つを準備し、強い精神で荒波を乗り切ろう。