新しいタイ人講師

 昨日、パック先生が彼の後任者を教室に連れて来られた。女性の歯医者さんである。昨年11月に文科省の国費留学生として来日。日本語は留学前にバンコクで勉強して来られたそうだ。だから、日本語に対する反応もいいし、漢字も書ける。
 パック先生とは高校時代の級友。「英語も教えられますか?」と尋ねると、「教えられます」と自信を持って答えた。
 「これから何年、日本で勉強されますか?」という質問に、「4年です。2025年までおります」と彼女はすかさず言った。
 すばらしいタイ人講師がみつかった。泰日文化倶楽部に於ける彼女のデビューは4月からを予定している。