猫の日

 今日2月22日は「猫の日」。タイ語の格言では、動物の場合、象がダントツに登場する。虎や蛇、そして魚が次に続く。猫や犬はあまり出番が無い。
 有名なのは、「ใช้แมวเฝ้าปลาย่าง」。直訳すると、「猫を使って焼き魚の番をさせる」。格言として要約すると、「猫に鰹節」。要するに、「油断ができない」、ということ。英語では、「He sets the wolf to guard the sheep. 羊の番に狼」というそうだ。
 その他に、猫が出てくる格言として、「แมวพึ่งพระ」を覚えてみよう。『タイ語辞典』(冨田竹二郎編纂)によると、「(人々に尊敬されている)お坊さん(の食べ残し)に頼っているネコ」で、言わんとするところは、「えらい人、権力者に頼って生きている人」のことだと書いてある。