2020年の授業総括

 今日(12月22日)が来ることを待ちに待っていた。何故ならば、明日から3週間弱、授業を持続していかなければならないという責任感からしばし解放されるからである。2021年の授業は1月9日(土曜日)からスタートする。
 今年は1月中旬よりコロナのニュースに踊らされ、非日常に近い空気感におとしいれられて行った。だが、4月と5月に於ける東京都の休業要請の期間を除き、なんとか頑張って授業を続けることができた。これはひとえに講師達と生徒達の頑張りによるものである。
 高齢者が減った。だが、それを補うかの如く若い人達が増えた。教室の空気が変わった。タイ語を勉強したいという若者を見ると、彼らからの熱意と刺激が跳ね返って来る。何ごとにも言えよう。勢いには「時」が関係している、と。
 若いだけが良いのではない。年をとったらもう駄目、というのでもない。自分自身に与えられた「時間」をいかに生かすかが大切だ。講師達は誠実に指導した。生徒達も自分なりによく頑張った。今年の総括は99点なり!