ต้มตุ๋น という表現

 今日は「ต้มตุ๋น」というタイ語表現について述べる。これは、「ต้ม」と「ตุ๋น」の2つの動詞を並べたものだ。

1)ต้ม という動詞は、ต้มยำกุ้ง(トムヤムクン)ですでにおなじみの動詞だが、料理名の時は「煮る」という意味を有する。だが、2番目の意味として、「騙す」が有る。

2)คุ๋น という動詞も、料理名としては、ไข่ตุ๋น(カイトゥン 茶碗蒸し)に出て来る。この場合は「具材を容器に入れて蒸し器で蒸す」という意味だが、2番目の意味としては、ต้มと同じく、「騙す」が有る。

 従って、両者を合わせた「ต้มตุ๋น」も「騙す」となる。一般的には迷惑受け身として受身形で使われるほうが多いから、「ถูกต้มตุ๋น」で覚えたほうがいい。
 このところ寒い日が多くなった。トムヤムクンや茶碗蒸しを食べて体を温めながら、悪い奴に騙されないように気をひきしめよう。