サンカヤー(สังขยา)

 昨日、坊ちゃんかぼちゃを買った。グラタンとか、プディング菓子に使われる小型のかぼちゃ(ฟักทอง)だ。タイやカンボジアのデザートとして好まれているあの「サンカヤー สังขยา」も作れる。しかし、いずれも作るのには時間がかかるから、スライスして、少しずつ食べることにしよう。
 念のため、「サンカヤー สังขยา」を辞書で調べてみると、カスタード菓子としての意味は第2番目に出ていた。では、第1番目の意味は何か?
 それは、パーリ語を語源とし、「計算」という意味であった。使い方としては、次なる合成語の中に現れるようである。
 基数 = ปรกติสังขยา
 序数 = ปูรณสังขยา
  数量形容詞 = สังขยาคุณศัพท์