豊島園の閉園

 豊島園が明日、94年の歴史に幕を引く。最後の週末となった昨日、テレビのインタビューに応じる初老の男性が、「みんなに親しまれ、いい遊び場だったのに」と残念な気持ちを述べていた。
 私は豊島園の中には入ったことがないが、大学1年の時の同級生の家が豊島園の近くに在ったので、1965年の夏、豊島園駅まで行ったことがある。55年前の話だ。
 豊島園は豊島区ではなくて練馬区に在る。では、何故、豊島? こういう疑問を持つ人がたくさんいるというが、私もそのうちの一人。そこで歴史を調べてみると、鎌倉、室町時代の頃、そこに練馬城が在り、豊島氏という武士が治めていたが、やがて上杉氏傘下の太田道灌によって滅ぼされたとあった。
 私事になるが、私は49年半、豊島区に住んでいる。豊島区に住んだが故に、年増、いや、大年増になってしまったと嘆いていたが、大昔に遡れば、古代律令制下に於いて、<646年、武蔵国豊島郡>という命名が見られるとのこと。なんだか急に「歴女」になりたくなった。