具志堅用高さんのジム閉鎖

 昨夜、ネットニュースで、具志堅用高さんがHP上でスポーツジムを7月31日に閉鎖することを発表したと報じた。「気力、体力ともに、これまでのように情熱を持って選手の指導に当たるには難しい年齢になったこともあり、ここが潮時と決断いたしました」と、彼はコメントしているとのこと。
 彼の年齢を見ると64歳。まだまだやれる年齢なのに……。
 私はかつてボクシング雑誌『ゴング』で、タイから送られて来るラジャダムナン・スタジアムとルンピニ・スタジアムのランキングを毎月、翻訳していたことがある。キック・ボクシングの試合が日本のテレビのゴールデンアワーに放映されていた頃の話だ。「ケイコのワンポイント・タイ語講座」というコラムも持っていた。
 当時の編集長が具志堅さんと懇意にしておられた関係で、具志堅さんがジムを開設した時のこともよく聞かされていた。まるで昨日のことのように思い出される。
 「気力・体力ともに、これまでのように情熱を持って生徒達のタイ語指導に当たるには難しい年齢になったこともあり、ここが潮時と決断しました」と、私は言わない。もう少しだけ頑張ってみよう。