61年前の今日

 61年前の今日、すなわち、1959年(昭和34年)4月10日は、今の上皇御夫妻の「御成婚」の日であり、日本国民の多くがテレビの前に釘付けになった日である。私は中学1年生であった。
 それまでにもすでにテレビ購入者はいたことはいたが、お金に余裕が有る家庭、あるいは、新しいものを早く取り入れたいという人に限られていたと思う。この4月10日の「御成婚」にあわせて、テレビが一気に茶の間に定着したわけである。
 当時は放送時間に限りが有り、今のようにいつでも見られるというものではなかった。放送局も限られていた。要するに、情報量は少なかった。ところが、今は情報過多でうるさすぎる。コマーシャルがこれまたしつこい。自粛中に頭の中がコマーシャルで占領されそうだ。NHKだけを見ればいいのかもしれないが、これまたつまらない。
 いずれにせよ、音を消して画面を見ていると、テレビ関係者には非常に申し訳ないが、皆さんの顔が口パクパクにしか見えない。