激励メール

 外出を控えて自宅自粛をしているが、いろいろな「力」が衰えて「動き」が鈍くなり、「働く意欲」が無くなっていくのが感じられる。私の性格には合わない。それを察してか、バンコク駐在の元生徒から次なるメールが有った。
 「休校は仕方ないとは言え、また先生が愚痴をこぼしている姿がありありと目に浮かびます。先生に限っては有り得ないとは思いますが、これを苦に思い余って…… 教室を閉じるなどと思い詰めないよう留まって下さい。特に暇ですと、普段思いもつかない考えにとらわれるかも知れませんので。
 こちらは相変わらずです。非常事態宣言や夜間外出禁止令が出ていますが、過去のクーデターや赤黄シャツ内紛なども潜り抜けて来ましたので、何年か周期のイベント程度と鷹揚に構えています。工場もまだ稼働していますが、深刻な影響が出てくるのはこれからでしょう。 
 御時間を持て余してるだろうと思い、挨拶代わりに一報差し上げます。くれぐれも御自愛ください」 
 嬉しいメールだ。よし、「力」を蓄えて、「動線」を良くし、「気働き」なり、何なりしよう。