新しい山手線の車輛

 令和2年になって初めて乗った山手線の車輛に驚いた。それはこうである。
 新宿駅ホームで電車を待っていると、アナウンスが有った。「今度参ります車輛は一車輛に4つのドアがついております。ですから、一つのドアにかたまることなく、すみやかに乗降をお願いいたします」
 そして、その車輛はやって来た。確かに乗降がしやすい。だが、中に入ってみると、座席数が減っていた。それは当然のことであるが…..。
 私は考えた。この4つドアの車輛タイプの電車は、人を少しでも多く、そして早く運搬しようという狙いであるなあと。最近、ラッシュ時には乗ることがないのでよくわからないが、一昔前までは車輛の中に押し込む役の係員がいたものだ。
 最後に、タイ語を勉強している生徒さんへ一言。いろいろなことを吸収する扉は大きく開いておくに限る。だが逆に、習った単語や表現があれよあれよと出て行ってしまわないように。