2019年の思い出

 2019年もついに大晦日を迎えた。泰日文化倶楽部はタイ人講師達にも生徒達にも恵まれて、今年一年、順調に授業を展開することができたので全く言うことなし。
 今年、知人が5名、鬼籍に入られた。しかし、友人2名のところに男のお孫さんが生まれ、前中国人講師が玉のような大きな男の子を産んだ。5名から3名を引くとマイナス2名だ。ニュースによると、死亡者数が134万4千人。それに対して新生児が90万人を切ったとのこと。私の知人関係の死亡数と誕生数のプラマイもどうやらこれに比例している。
 令和元年の初日、私は中国山地を縫って走る電車(智頭急行)の中にいた。自然を眺めて落ち着きを取り戻した。そして、10月、青森市へ仕事に行った折り、仕事が早く終わったので八甲田山に登った。登ったといってもケーブルカーでだが…..。散策コースを30分歩き、いろいろな植物を眺めた。今頃は雪の下でひっそりとしていることであろう。
 冬に耐える。この精神を学んだ。