スルー と ブルー

 今月、「忘年会スルー」という言葉をよく聞いた。その気持ちはよくわかる。そして、「年賀状スルー」もわかる。行きたくなければ不参加、そして、書きたくなければ書かない。それでもいいと思う。
 今週のテレビは、「帰省ブルー」をテーマにしている話題が多い。年末年始に妻はご主人の実家へ行くのがうっとおしいというわけだ。毎年のことだと、経済的にも精神的にも肉体的にも大変である。
 ところで、日本語でブルーやスルーと書くと、もはや和製英語化しているが、英語で書くと、blue であり、through である。同じ「ウー」という母音でも、英語の綴りは全く異なる。
 タイ語を習っている生徒達はタイ語の綴りが難しいと言う。しかしながら、英語の表記のほうがはるかに多岐にわたっているから、もっと難しいのである。
 1.you (ユー あなた)  2.who(フー 誰) 3.crew(クルー 乗組員) 4.cruise(クルーズ 客船の旅) 5.moon(ムーン 月) 6.canoe(カヌー)7.music(ミュージック 音楽) 
8.humid(ヒューミッド 湿っぽい) 9.glue(グルー 接着剤) 10.pooh(プー 熊のプーさん)