高田馬場の新規喫茶店

 昨日、掃除のために教室へ行った。すぐ近くに喫茶店が新規開店していた。そこは昔、レトロな純喫茶であった。その店を私はよく利用した。しかし、次第に客足が遠のき、客は私一人という日が多くなった。そして、ついに閉店。
 そのあとには居酒屋が出来た。生徒達とよく行ったものだ。これは10年前の話。その居酒屋は高田馬場2丁目にも在ったので、高田馬場3丁目のこの支店はいつしか閉店し統合された。
 居酒屋の次は串カツ屋になった。一度も入ったことがないまま潰れていた。閉店の挨拶も見たことがなければ、喫茶店にリフォームしているのにも全く気がつかなかった。都会の店の変貌はあまりにも早い。
 いずれにせよ、再び喫茶店に生まれ変わってくれたことが、私にとっては嬉しい。名古屋スタイルの喫茶店だ。どうにか頑張って10年は持ちこたえてほしい。