昭和は遠くになりけり

  昨日、日本橋室町に在る三井記念美術館へ行き、「茶の湯の名椀 高麗茶碗」を鑑賞した。そのあと「ふくしま館」に寄り福島の産物を購入。神田駅に向かって歩いていると、間口の広い立派な店の前に貼り紙がしてあった。

 「閉店のお知らせ 昭和2年以来90余年にわたりお引き立ていただきました大塚屋靴店ですが この度 前社長が代を終えたことに伴い閉店することとなりました
 皆様の温かいご支援の中での苦渋の選択となりましたが何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます 永年にわたるご愛顧に心より感謝申し上げます」

 想像するに、おそらくご子息が書かれたものであろう。靴というタイ語は、「รอง(支える)+ เท้า(足)」という2語で出来上がっている。90年余の長きに亘り神田の人々の足元をしっかりと支えて来られたこの靴屋さんに乾杯!

 宿題:この「閉店のお知らせ」をタイ語に訳してみよう。