ジョンカベン

 タイへ一時帰国されている指輪先生から、とても美しいジョンカベン姿を写した写真が送られて来た。赤いタイシルクの輝きが厳かだ。
 ジョンカベンは昔のタイ女性の正装のひとつだが、それを日本語に訳すと何だか変になるので、タイ語そのままにして訳出するほうが雰囲気が有る。
 だが、カタカナ書きになれてしまうと、短母音だか長母音だかわからなくなる。母音が、โ なのか อなのか、自信が無い。末子音も、nなのか、ngなのか、あるいはmなのか、曖昧になる。
 昨日、ジョンカベンをタイ語で書こうとして、恥ずかしながら四苦八苦した。しばらく書いていない単語はどんどん感覚が薄れていく。
 (1)第1音節のジョン → โจง (縛り上げる)
 (2)第2音節のカベン → กระเบน (腰布の端を棒状にして股間をくぐらせ後ろの腰に挟み込む)
 以下に、[ジョン]と聞こえる類似したタイ語を書くので訳してみよう。
     1.จง  2.จน  3.จร  4.จอง   5.จ้อง   
      6.จ๋อง   7.จ้อน  8.โจน  9.โจร   10.จม