สะกด というタイ語

 สะกด というタイ語は、一般的には、「文字を綴る=สะกดตัว」という場合に使われる。しかし、先日、「タイ語中級 土曜日11:00」のクラスを見学すると、「สะกดจิต」という表現をタイ人講師が白板に書き、「催眠術….」という説明を加えたが、日本語の動詞が思いつかなかった。
 「催眠術をかける」であるが、この「かける」という動詞は、①醤油をかける、②お金をかける、③時間をかける、④負担をかける、⑤壁にかける、等々、いろいろな場面に使われるので、タイ人にとっては、かえって難しいかもしれない。
 では、「สะกด の用例」を以下に列挙してみよう。
   1)สะกดอย่างไร   どのように綴るの?
   2)สะกดตัว    単語の綴りを口で言う
   3)สะกดจิต    催眠術をかける
   4)สะกดใจ    心を抑える
    5)ตามสะกดรอย   跡をつけて行く、ストーカー行為をする