紙一重

 昨日、個人レッスンを受講されているM子さんから、「紙一重って、タイ語で何と言いますか?」という質問がラインで寄せられた。
 彼女はまだタイ語の授業を3回しか受講していない。タイ人講師の発音をものまねすることに四苦八苦している。したがって、私は次のように答えた。
 「文脈によって、いろいろな表現が有りますが、一番簡単な表現を教えますね。ต่างกันนิดหน่อย です。ต่างกันは、<異なる>、そして、นิดหน่อยは、<少し>という意味です」
 もっと難しく言おうと思えば言えるが、それはやめておくとして、ネットでは果たしてどのように書いているのかと思って調べてみると、 「กระดาษแผ่นเดียว」と書いていた。กระดาษは、<紙>、そして、แผ่นเดียวは、<一枚だけ>という意味である。これはおかしい。何故ならば、紙一重は僅差という意味で使われる表現だからだ。
 以前、交番のことを、英語のpolice box から翻訳したらしく、กล่องตำรวจ と訳している本を見たことがある。これまた、直訳すぎて、意味をなさない。