ミカン先生の来訪

 昨夜、「タイ語中級 火曜日19:00」のクラスに、ミカン先生がほんの15分間だけ来訪された。ミカン先生は、2017年9月に東京医科歯科大学で博士号を取得され、現在はマヒドン大学で歯科医兼講師として大活躍中である。
 今回の東京訪問は5日間だけ。会うべき恩師や友人達が多いため、泰日文化倶楽部に割り当てられた時間はわずかに15分だけ。現在、休学中のY子さんも茨城県から駆けつけて来られた。
 ミカン先生は才色兼備で、性格がこれまた跳びぬけて優しい100点満点のタイ女性だ。タイに本帰国されてから1年10ヶ月が経つが、日本語の学力はきちんとキープされておられる。常に使うことを心掛けているからだ。
 泰日文化倶楽部で教えて下さった創設当時のタイ人講師達はもう50代半ばに達しており、日本語を忘れかけている。そろそろ退職したい心境だから、趣味の世界を楽しんでおられる。
 語学の勉強も一つの闘いだ。余力が有る方は、どうかタイ語に対して常に対戦してほしい。