ドリアン・ピザ

 昨日、指輪(แหวน)先生から、「เมนูใหม่ที่เมืองไทย (タイの新しいメニュー)」という短い言葉とともに、2枚の写真がラインで送られて来た。
 1枚目は、ドリアン・サンデー。「อะเมซิง ทุเรียน หมอนทอง ซันเด รสชาติไทยๆ ที่ใครก็ปลื้ม」と書かれてあった。直訳すると、「アメージング 黄金の枕のドリアン・サンデー。誰しもが歓喜するこれぞタイが誇れる味」。
 ドリアンのトゲトゲした殻を半分に割って、それを器にし、ドリアン入りのアイスクリームを乗せている。パイナップルの殻の中にパイナップル入りチャーハンを入れているのは楽しいが、果たして、ドリアン殻の器で食べる大型アイスクリームは食べきれるであろうか?
 2枚目の写真にはもっと驚いた。ドリアン・ピザである。「ใหม่(ニュー) พิซซ่า(ピザ) ทุเรียน(ドリアン) หมอนทอง(黄金の枕)」。大きいサイズが359バーツ、そして、小さいサイズが259バーツ。
 ドリアンの中でも、「黄金の枕」は昔から有名だ。殻から出て来た果肉の形はまるで黄金の勾玉(まがたま)。 そして、口の中に入れた時のねっとり感たるや、タイに歓迎されて至福の至りである。