看護師の制服

 福岡在住の元生徒さんからは、3人の娘さん達の成長の様子が記念写真や旅行写真と共によく送られてくる。赤ちゃんの時に抱いてあげた長女さんが、今年4月、地元の看護専門学校に進学。彼女は自宅から歩いて10分の学校を選び、楽しく通学しているそうだ。
 昨晩、「制服が届きました。格好だけは一人前です」という文面とともに父親から写真が送られて来たが、娘さんの表情はこれまで見たなかで一番明るかった。将来、就きたい職業を早く選んだ彼女はすばらしい。
 各分野の制服に対して、これまで堅苦しいイメージをいだいていたが、看護師の制服に限って言えばなかなかいいものだ。医療の世界で大いに活躍してもらいたい。
 ひるがえって、話をタイ語の勉強に戻そう。そろそろマンネリになってしまっている感があるので、たまにはタイの正装に身を包み、恭しく上品なタイ語を喋ったり、あるいは、農民の格好をして、気さくにタイ語をしゃべってみるのもいいかもしれない。変装により、気分だけでもタイ人になってみてはいかが?