酔っ払いおじさんの英語

 一昨日(日曜日)、午前8時半頃、教室へ行くために山手線に乗った。すると、大声でわめいている酔っ払いのおじさんがいた。よく聞くと、彼は英語でわめいているではないか。
 一体、誰に向かってわめいているのかと思って相手を見ると、欧米の青年に対してであった。青年は一言も発せず、酔っ払いおじさんをただ見ているだけ。
 よくよく聞くと、酔っ払いの英語は単語だけを連発。文章になっていない。とはいえ、英語でわめく度胸だけはなかなか大したもの。
 しかしながら、日曜日の朝から酔っぱらって、外国人にからんでいる光景を山手線の車内で見て、とても恥ずかしかった。他の乗客は私も含めて、全員が聞かぬふり…..。
 果たして欧米の青年はいかなる印象を持ったことであろうか? 酔っ払いの英語が文意を成していれば答えようが有ったかもしれないが、単なるわめきにしかすぎない。「おもてなし」以前に、我々日本人は、落ち着いた態度で、的確なる英語を話す訓練をする必要がある。