タイ語サロン待望論

 昨日、「タイ語初級 火曜日13:00」のクラスに於いて、生徒達から「東京ではタイ語をしゃべる機会が有りません。タイ人としゃべりたい!」という声が次から次に上がった。このクラスは「タイ語入門」のテキストが終わり、「タイ語初級」に昇格したばかりである。
 たしかにタイ語を使う機会がない。だから、せっかく勉強してもすぐ忘れてしまう。そんな悩みを以下に列挙するから、タイ語で書いてみよう。
 1)日本ではタイ語をしゃべる機会がない。
 2)電車の中で会ったタイ人旅行客に向かって話しかける勇気がない。
 3)語彙力が足りない。
 4)話題がない。
 5)日本語がわからないタイ人を招いたタイ語サロンを希望する。
 お茶を飲みながらの「タイ語サロン」は面白そうだ。しかし、ボランティアで定期的に来てくださるタイ人をみつけるのは難しい。開催できても、おそらく1回限りであろう。何故ならば、来日したてのタイ人は日本語を学びたいのである。下手なタイ語につきあうのはすぐに飽きるはず。