白川郷ではぐれる

 昨日、公衆電話から電話がかかって来た。新しい見学者かしらと思って電話に出ると、タイ人元講師からであった。
 「今、白川郷にいるんですけど、息子とはぐれました。吉川先生は息子の電話番号を知っているはずですから、私がアウトドア・ミュージアムで待っていると伝えてくださいませんか?」
 そこで、私はすかさず息子さんに電話をかけ、お母さんが待っている場所を教えた。どうやらお母さんのWi-Fiが壊れて使えなくなっていたらしい。
 白川郷と聞くと、昨年10月に行ったので、込み具合は十分に想像できる。普通、迷子は子どもと思っていたが、外国人もはぐれてしまうようだ。
 ラインでの連絡方法は簡単だが、やはり、息子さん(日本に留学中)の携帯番号だけはメモしておいたほうがいいと思う。