消えた古本屋横丁

 昨日、夕方6時スタートの授業までに時間が有ったので、高田馬場駅前のドンキホーテが入っているビルの地下に在る「カンタベリー」という喫茶店に入り、シフォンケーキ・セットを食べながら、新聞3紙を読んだ。いずれも似たような記事ばかりで面白くない。
 そのあと、同じビルの5階に在る芳林堂の「古本屋横丁」へ行こうと思って、エレベーターのボタンを押すと、「この階には止まりません」という音声が流れた。そして、5階の店舗案内は空白になっていた。
 仕方が無いので4階の語学、歴史、法律、受験、そして、文具のコーナーへ行く。そして、店員に訊いてみた。
 「古本屋横丁は無くなったのですか?」
 「はい、先月中旬にやめました」
 あまり誰も来ない古本屋横丁。そこで昔の本の背表紙をじっくりと眺めるのが楽しみだったのに……。
 和菓子屋はずっと続いている。だが、本屋はもちこたえるのが非常に苦しそうだ。