火水木金土&日月

 茶道の世界を取り上げた映画『日々是好日』が好評だ。原作者の森下典子氏によれば、「茶道は火(ไฟ)、水(น้ำ)、木(=木炭ถ่าน)、金(=金属製の釜หม้อโลหะ)、土(=陶器เครื่องปั้นดิน)を使い、あとは、お日さま(พระอาทิตย์)とお月さま(พระจันทร์)があればいい」という考えを示しておられる。なるほど、なるほど。
 同じく森下氏によると、茶道講師を演じた樹木希林は一度も茶道を習ったことがないが、森下氏が指導するとすぐにできるようになったそうである。その訳を樹木希林に尋ねると、「演じることができるからよ」と答えたとのこと。
 今日は40年前に柿の木坂の茶道教室(幽玄庵)で薫陶を受けた大先生の告別式に参列する。享年104歳。大往生である。いつもゆったりとした構え方が今でも脳裏に残っている。