10年ぶりに咲いた赤い花

 昨日、ボン先生から曼殊沙華の写真が送信されて来た。
 「ที่สวน Manjuchake เมือง Hidaka ค่ะ เมื่อวานนี้ไปเที่ยวสวนนี้มาค่ะ ภาษาไทยเรียกดอกนี้ว่า พลับพลึงแดง」
 「In Japanese, Manjushage 曼殊沙華」と私は返事した。
 「คันจิ ยากจังค่ะ ฮิกังบานะด้วยหรือเปล่าคะ」とボン先生。
 「彼岸花 Higanbana ก็ OK」と私。
 それにしても、カメラもいいし、アングルもいいから、見事な写真であった。
 それから1時間後、今度はバンコク在住の元講師から、それはそれは大ぶりの真っ赤な花の写真が送信されて来た。
 「ดอกพวงโกเมนที่บ้านออกดอกบานสะพรั่งปลูกมาเกือบ10ปีเพิ่งจะออกดอกค่ะ」
 真っ赤なバナナを30本くらいぶら下げたようなタイの情熱的な花だ。繊細な線で赤いお椀のように整っている彼岸花と、全く対照的であった。