台北でタイ料理

 日曜日の午前中に個人レッスンを受講しておられるY子さんが、昨日、台湾のお菓子を持って教室に現れた。そして、9月中旬に行った台北旅行について、興奮気味に話してくださった。
 彼女は過去2回、ツアーで台北へ行ったことがあるが、人まかせの旅行だったのでほとんど覚えていないとのこと。したがって、今回の一人旅は深夜に着いたせいもあって、びくびくものだったそうだ。
 「中国語がわからないので、空港から市内までタクシーに乗っている時も怖かったです。屋台で買う時も、困りました。語学の大切さを痛感しました」
 そこまでなら彼女の困惑ぶりが十分に想像できた。ところが、なんと次なる話のおまけが有った。
 「街を歩いていると、タイ語が聞こえて来たので、タイ人達にタイ語で話しかけました。すると、これからタイ料理を食べに行くので一緒に行こうと誘われ、それからはタイ語の世界へ。台北でイサーン料理を食べたのが一番の思い出になりました」