仏暦2511年~2512年

 昨日、「タイ語中級 土曜日12:15」のクラスを代講した。生徒は古株の男性2名。彼らは途中退会は有るものの、復帰して来られて早くも8年近くになる。
 授業の冒頭、<西暦2018年9月22日土曜日>をタイ語で書かせた。タイ語が正しく書けるかをまずチェックするためである。ついでに仏暦も書かせた。
 私の場合、仏暦2559年(ラーマ9世崩御の年)でストップしたままなので、今年の仏暦がすぐに出て来ない。西暦に543年を足せばいいのは分かっているが、計算がめんどうだ。すると、幼なじみの生徒達はすかさず答えた。
 「今年は2561年です。僕達は50歳。僕達が生まれた年は2511年なので、50年を足すと2561年になります」
 それを聞いて、私は言った。「私は2512年にタイ大使館に勤めました。2512という数字は忘れることができません。毎日、2512を書類にタイプしていましたから」